かんたん美味レシピ

油揚げの肉巻き

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
豚肉と油揚げを重ね、くるくると巻いて焼きます。やわらかく、ボリュームアップにもなる節約おかず。パクリと食べやすく、さめてもおいしい照り焼き味をからめました。お弁当に詰めて秋を探しに行きませんか。





材料
【2人分/1人分275kcal】

・豚もも肉(薄切り、ロースでも)…6枚(150g)
・油揚げ(薄揚げ)…2枚
・ネギ…0.5本
・ショウガ…小1かけ(50g)
・大葉…4枚
・サラダ油…小さじ1/2

[A]
・水…25ml
・酒…大さじ1/2
・砂糖…大さじ1/2
・しょうゆ…大さじ1/2

・サヤインゲン…4本(35g)

[B]
・かたくり粉…小さじ1/2
・水…小さじ1

作り方

【1】
インゲンは熱湯でゆで、長さ3~4cmに切る。同じ湯で油揚げをさっとゆで、油抜きする。長い1辺を残して3辺を切り開く。
【2】
ネギ、ショウガはみじん切りにする。塩少々(材料外)をふり、軽くもむ(水気はしぼらない)。
【3】
肉は塩少々と酒大さじ1/2(材料外)をもみこむ。3枚を広げて並べ、油揚げを広げてのせる。【2】を散らし、大葉1枚を並べてのせる。
【4】
【3】を端から巻く。2本作る。
【5】
フライパンに油を温め、【4】を巻き終わりを下にして並べ入れる。転がしながら全体に焼き色をつける。
【6】
A(水25ml、酒・砂糖・しょうゆ各大さじ1/2)を加え、ふたをして7~8分煮る。B(かたくり粉小さじ1/2、水小さじ1)の水溶きかたくり粉を煮汁に加えてとろみをつけ、味をからめる。
【7】
【6】を食べやすい長さに切って器に盛る。インゲンを添える。

◎メモ 油揚げ
今回のレシピは「薄揚げ」「寿司揚げ」などと呼ばれる、中が開きやすいタイプをつかいます。味がなじみやすく、いなりずしや炊きこみごはんにも。「手揚げ風」「浮かし揚げ」と呼ばれるものは、まんなかがとうふ状で厚く、煮ものや鍋ものに向きます。

献立の例 ごはん、キノコのみそ汁、ホウレンソウのおひたし

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2018年9月22日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2001年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP