かんたん美味レシピ

やわらかシューマイ

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
いつものシューマイを、やわらかく、そしてリーズナブルにアレンジしてみました。
やわらかさの秘密は、カニかま。うま味と彩りも加えます。タマネギにかたくり粉をまぶすのもポイント。野菜の水分がとじこめられ、肉あんがふっくらとするのです。
蒸し器に敷く野菜は、キャベツのほか、レタス、ハクサイなどの葉もの野菜や、意外なところで輪切りのニンジンを1つずつに敷いてもOK。敷いた野菜は、蒸し野菜としておいしく食べられます。お好みでからしじょうゆをつけて、めしあがれ。





材料
【2人分/1人分230kcal】

・鶏ひき肉…100g
・カニかまぼこ…1/2パック(40g)
・タマネギ…1/4個(50g)
・シイタケ…25g
・かたくり粉…大さじ1

[A]
・ショウガのすりおろし…小1かけ(5g)分
・酒…大さじ1/2
・ゴマ油…大さじ1/2
・塩…小さじ1/8
・砂糖…小さじ1/2
・しょうゆ…小さじ1/2

・シューマイの皮…12枚
・キャベツ…50g

 

作り方

【1】
カニかまぼこ、タマネギ、シイタケはみじん切りにする。タマネギにかたくり粉をまぶす。
【2】
ボウルに鶏ひき肉、A(ショウガのすりおろし小1かけ分、酒・ゴマ油各大さじ1/2、塩小さじ1/8、砂糖・しょうゆ各小さじ1/2)を合わせ、粘りが出るまでよく混ぜる。【1】を加えて混ぜる。12等分し、シューマイの皮で包む。
【3】
キャベツは軸をそぎとり、5~6cm角に切る。蒸し器の上段の中敷きに敷きつめ、【2】を並べる。
【4】
下段の蒸し器から蒸気が立ったら【3】をのせ、ふたをして強火で10分蒸す。

◎メモ 等分にしておいしく
シューマイの大きさをそろえると均一に蒸すことができます。包む前の肉あんをきっちり等分にしましょう。四角いトレーなどに肉あんを入れて平らにならし、皮の枚数分に、テーブルナイフなどで格子に線を引いて等分します。

献立の例 卵とチンゲンサイの中国風スープ、ごはん、ザーサイ

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2018年9月15日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2001年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP