かんたん美味レシピ

魯肉飯(ル―ローハン)

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
台湾料理の魯肉飯。かたまり肉を使うことが多い料理ですが、薄切り肉で時間短縮に。ごはんは烏龍茶で風味をつけました。複数のスパイスをミックスした五香粉(ウーシャンフェン)は、加えるとぐっと台湾料理らしくなりますが、なくてもおいしく作れます。



材料
【2人分/1人分670kcal

・豚肩ロース肉(薄切り)…200g
・しょうが…1かけ(10g)
・にんにく…小1片(5g)
・ごま油…小さじ2
・A[酒・黒酢各大さじ2、オイスターソース大さじ1、砂糖小さじ2、しょうゆ小さじ1、五香粉小さじ1/2]
・ねぎ…1/2本
・小松菜…100g
・塩・こしょう…各少々
・ゆで卵…2個
・米…150g
・烏龍茶…200ml

作り方
【1】
米はといで炊飯器に入れ、烏龍茶を加えてふつうに炊く。
【2】
ねぎ、小松菜は4cm長さに切る。ゆで卵は殻をむき、半分に切る。
【3】
しょうが、にんにくはみじん切りにする。肉は1.5cm幅に切る。
【4】
フライパンにごま油小さじ1を温めて小松菜を中火で炒め、しんなりしたら塩、こしょうをふってとり出す。続けてねぎを入れ、焼き色がついたらとり出す。
【5】
ごま油小さじ1を加えて温め、[3]を入れて炒める。肉の色が変わったらAを加え、時々混ぜながら、汁気が少し残るくらいまで4分ほど煮る。
【6】
器にごはんを盛り、[4]、[5]、卵をのせる。

◎ゆで卵
火にかける10分くらい前に冷蔵庫から出し、室温におきます。鍋に卵とかぶるくらいの水を入れて強火にかけ、沸騰したら火を弱めます。写真のような半熟なら5~7分、かたゆでなら約12分ゆで、すぐに水にとってさましましょう。

献立の例 春雨サラダ、しじみのスープ

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2022年11月26日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP