かんたん美味レシピ

オートミールのえびチヂミ

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
健康志向の高まりとともに注目されているオートミール。牛乳で煮ておかゆのように食べる以外にも、いろいろ楽しめます。今回は韓国料理の「チヂミ」に入れて、ふっくらとやわらかく焼いてみました。えびは薄く切るのが難しければ、1cm角に切ってもOKです。



材料
【2枚分/1枚分484kcal

・オートミール…40g
・水…120ml
・むきえび…100g
・酒…大さじ1/2
・A[かたくり粉大さじ2、卵1個、水大さじ2、とりがらスープの素小さじ1/2、塩小さじ1/6]
・たまねぎ…1/4個(50g)
・万能ねぎ…3~4本(20g)
・しょうが…1かけ(10g)
・ごま油…大さじ2
・B[酢大さじ1、しょうゆ大さじ1/2]

作り方
【1】
えびはあれば背わたをとり、酒をもみこむ。
【2】
たまねぎは1cm角に切る。万能ねぎは3~4cm長さの斜め切りにする。しょうがはせん切りにする。えびは厚みを半分にし、さらに2つに切る。
【3】
耐熱容器にオートミールと分量の水を入れ、電子レンジで1分半(500W)加熱する。
【4】
とり出してよく混ぜ(やけどに注意)、Aを順に加えてそのつどよく混ぜる。[2]を加えて混ぜる。
【5】
フライパンにごま油大さじ1/2を温め、[4]の半量を流して広げ、中火で3~4分焼く。
【6】
上下を返し、ごま油大さじ1/2を回し入れ、さらに2~3分焼く。同様にもう1枚焼く。
【7】
食べやすい大きさに切る。Bの酢じょうゆの材料を合わせ、添える。

◎メモ オートミール
「えん麦(ばく)」を原料とした加工食品のひとつで、ほかの穀類に比べ食物繊維やたんぱく質を多く含みます。加工の仕方によって種類が分けられますが、ここでは短時間でやわらかくなる「クイックオーツ」を使用しました。

献立の例 プルコギ、わかめとねぎの韓国風スープ

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2022年6月18日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP