かんたん美味レシピ

薄切りビーフシチュー

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
薄切り肉をかたまりの肉に見立てた、お財布にやさしいビーフシチュー。材料は多いのですが、煮こんでしまえば手はかかりません。



材料
【2人分/1人分625kcal

・牛薄切り肉…200g
・小麦粉…大さじ1/2
・A[たまねぎ100g、セロリ10g、にんにく1片(10g)]
・じゃがいも…100g
・にんじん…50g
・マッシュルーム…4個
・ブロッコリー…100g
・サラダ油…大さじ1
・バター…10g
・トマトペースト…大さじ1
・B[水400ml・赤ワイン50ml・固形スープの素1個・ローリエ1枚]
・ドミグラスソース…100g
・塩・こしょう…各少々

作り方
【1】
肉に塩・こしょう各少々(材料外)をふる。1枚ずつ手で軽くにぎり、丸く成形する。小麦粉をまぶす。
【2】
Aはみじん切りにする。耐熱容器に入れ、ラップをせずに電子レンジで約4分(500W)加熱する。
【3】
じゃがいもとにんじんはひと口大に切る。マッシュルームは石づきをとり、半分に切る。
【4】
鍋に油大さじ1/2を温め、中火で[3]を1~2分炒め、とり出す。
【5】
油大さじ1/2をたし、[1]を焼き色がつくまで、弱めの中火で焼く。
【6】
厚手の鍋にバターを溶かし、[2]、トマトペーストを加えて炒める。
【7】
Bと[4]の野菜、[5]を加えて弱火で約20分煮る。野菜がやわらかくなったらドミグラスソースを加えて、弱めの中火で約10分煮る。
【8】
ブロッコリーは小房に分け、熱湯で2~3分ゆでる。[7]に加え、塩・こしょうで味をととのえる。

◎メモ 牛薄切り肉 
ももや肩ロースなど、どの部位でも作れます。形作るときは、強くにぎったり、きつく巻いたりせず、ふんわりとにぎるのがやわらかく仕上げるポイントです。

献立の例 豆のサラダ、フランスパン

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2022年3月5日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP