かんたん美味レシピ

ごろごろ野菜のガスパチョ風

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
ガスパチョは、スペインのアンダルシアが発祥とされる、トマトの冷たいスープ。本来はパンと野菜をすり鉢ですりつぶして作るのですが、今はミキサーを使うのが主流だそう。このレシピでは、ベースにトマトジュースを使い、野菜はきざむだけにしたので、ミキサーさえも使いません。パンも加えず、スープ自体はさらっとしていますが、きざみ野菜がたっぷりと入っているので、ボリューム満点の“食べるスープ”に仕上がります。加熱せず、混ぜるだけのお手軽スープ。ぜひしっかりと冷やしてください。朝から冷やしておき、帰宅後に食べるのもいいですね。冷やす時間は調理時間に含みません。



材料
【2人分/1人分91kcal

・トマト…1/2個(100g)
・パプリカ(黄)…1/4個(40g)
・たまねぎ…10g
・きゅうり…1/4本
・トマトジュース(食塩不使用)…150ml
・A[レモン汁大さじ1、塩小さじ1/6]
・オリーブ油…大さじ1
・黒こしょう…少々

作り方
【1】
トマトは8mm角に、パプリカは5mm角に切る。たまねぎはみじん切りにする。きゅうりは粗みじんに切り、大さじ1は飾り用にとりおく。
【2】
トマトジュースにAを合わせ、[1]を混ぜる。冷蔵庫で1時間以上冷やす。
【3】
器にそそぎ、飾り用のきゅうりをのせる。オリーブ油をまわしかけ、黒こしょうをふる。

◎メモ トマトジュース
飲むだけでなく、料理にも使える便利な食材。トマトにはこんぶと同じうま味成分が含まれ、だしなどを使わなくてもコクが加わります。食塩入りのものを使う場合は、Aの塩の量は「少々」にして、味をみながら加えてください。

献立の例 ベーコンとチーズのパニーニサンド

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2021年6月26日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP