かんたん美味レシピ

チョコチップ蒸しパン

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
昔ながらのおやつ、蒸しパンを、チョコレートとくるみでちょっとおしゃれに。時間が経ってもふわっとやわらかな食感が続くのは、蒸し器を使うからこそ。家族への気軽なバレンタインプレゼントにいかがでしょう。
型は、ここではグラシン紙のケースを金属製のプリン型(ココットや浅めの湯のみ茶碗でも)に入れて使いました。グラシン紙は、光沢と透明感のある薄めの紙。製菓材料店などで売られています。手に入らなければ、クッキングシートを15cm角に切り、プリン型の底と壁面に押しつけるように敷きこんでも作れます。



材料
【4個分/1個分241kcal
・A[ホットケーキミックス(市販)100g、ココア大さじ1]
・牛乳…100ml
・サラダ油…大さじ2
・板チョコレート…1/2枚(25g)
・くるみ(ローストずみ、無塩)…20g
・型(直径5.5cm×高さ3cm)…4個

作り方
【1】
蒸し器に湯を沸かしておく。
【2】
板チョコとくるみは7~8mm角に切る。
【3】
ボールにAを入れて混ぜる。牛乳、油を加え、泡立器で粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
【4】
チョコとくるみはトッピング用にそれぞれ大さじ1ずつとりおき、残りを③に加えて混ぜる。
【5】
型4個に④を等分に流し入れる。トッピング用のチョコとくるみを等分に散らす。
【6】
蒸気の立った蒸し器に入れ、強火で約12分、竹串を刺して生の生地がついてこなくなるまで蒸す。

◎メモ  蒸し器 
食材を入れる前に湯を沸騰させておき、基本的にはずっと強火で蒸します。蒸しあがったあとでふたを開けるときは、熱い蒸気に気をつけて、ふたの裏についた水滴が落ちないように、水平にそっとはずします。また、中の容器も熱くなるので、乾いたふきんなどを使ってとり出しましょう。

献立の例 ホットコーヒー

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2021年2月6日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP