かんたん美味レシピ

ほうれんそうのカネロニ

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
ふだんは使わない食材をとり入れるのも楽しみのひとつですね。大きなマカロニのような、筒形のパスタ「カネロニ」なら、目を引くこと間違いなし! 2種のチーズとほうれんそうが好相性です。ほうれんそうとカネロニは同じ湯でゆでて、時短に。トマトソースとホワイトソースは市販のものを使用。手がこんでいそうで、意外に手軽です。カネロニは輸入食材店などで売られています。



材料
【2人分/1人分468kcal

・カネロニ…6本(60g)
・湯…1500ml
・塩…大さじ3/4
・オリーブ油…小さじ1
・A[ほうれんそう小1/2束(100g)、ロースハム2枚、カッテージチーズ200g]
・トマトソース(市販)…150g
・ホワイトソース(市販)…200g
・ピザ用チーズ…30g

作り方
【1】
鍋に分量の湯を沸かし、ほうれんそうをゆでる。水を入れたボールにとり、水をかえながらさます。水気をしぼり、みじん切りにする。ロースハムは2~3㎜角に切る。
【2】
同じ湯に塩とオリーブ油を加え、カネロニを表示時間をめやすにゆで、ざるにとる。
【3】
ボールにAを合わせる。6等分にし、スプーンでカネロニに詰める。
【4】
耐熱容器にトマトソースを広げ、[3]を並べ入れる。ホワイトソースをかけ、ピザ用チーズを散らす。
【5】
230℃(ガスなら220℃)のオーブンで約13分、焼き色がつくまで焼く。

◎カッテージ
脂肪分が低く、淡白な味わいのフレッシュチーズ。そぼろ状の「粒タイプ(プレーン)」と、菓子作りに向く「うらごしタイプ」が売られています。どちらでも作れますが、粒タイプのほうがカネロニに詰めやすいです。

献立の例 コンソメスープ、フルーツゼリー

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2022年12月24日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP