かんたん美味レシピ

とり肉の照り焼き きのこ添え

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
「きのこ添え」といっても、きのこも主役級のうま味と存在感。シンプルながら、しみじみおいしい秋の一皿です。とり肉ときのこを同じ味つけで焼くので、作り方もいたってかんたん。“わが家の定番料理”がひとつ増えそうです。
大きく形を残すきのこは、歯ごたえも楽しめ、種類ごとに異なる味わいも十分に感じられます。おいしいきのこがたくさん出回る季節ですから、えのきだけやしめじなど、お好みで同量の別のきのこに変えて作ってもよいでしょう。



材料
【2人分/1人分333kcal
・とりもも肉…1枚(200g)
・塩…少々
・しいたけ…2個
・エリンギ…1/2パック(50g)
・まいたけ…1パック(100g)
・サラダ油…小さじ2
・A[砂糖小さじ1、しょうゆ・酒・みりん各大さじ1]

作り方
【1】
とり肉は4つに切り、塩をふる。
【2】
しいたけは軸を落とす。エリンギは食べやすい大きさに縦に切る。まいたけは4つにほぐす。
【3】
フライパンに油小さじ1を中火で温め、[2]を焼き色がつくまで焼き、とり出す。
【4】
同じフライパンに油小さじ1を中火で温め、とり肉を皮を下にして入れる。焼き色がついたら、上下を返してふたをし、弱火にして2分焼く。
【5】
火を止め、余分な油をふきとる。Aと[3]を加え、中火にかける。Aが全体にからんだら、きのこをとり出す。とり肉はたれにとろみがつくまで、ときどき上下を返しながら焼く。

◎とりもも肉
クセがなく食べやすいとり肉も、部位によって特徴はさまざま。もも肉はしっかりとした肉質で脂肪もあり、コクがある部位で、幅広い料理に使えます。身がしまって弾力があり、皮の表面がべとついていないものが新鮮です。

献立の例 わかめの酢のもの、さつまいものみそ汁、雑穀ごはん

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2022年10月1日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP