かんたん美味レシピ

海鮮塩焼きそば

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
夏のお昼ごはんにおすすめ、さっぱりと食べられる塩焼きそばです。冷凍のシーフードミックスは、仕上がりがスカスカになったりかたくなったりしがち。塩水で解凍すると、水分が流れ出るのを防げます。いたみやすい季節なので、放っておかず、解凍したらすぐにゆでましょう。さっとゆでて最後にあえるだけですから、できあがりはふっくら。解凍時間は調理時間に含みません。



材料
【2人分/1人分481kcal

・冷凍シーフードミックス…150g
[A]
・湯…400ml
・酒…大さじ1

・にら…50g
・にんじん…30g
・もやし…1袋(200g)
・焼きそば用蒸しめん…2玉
・サラダ油…大さじ1

[B]

・とりがらスープの素…大さじ1/2
・塩…小さじ1/4
・オイスターソース…小さじ2
・こしょう…少々
・酒・水…各大さじ2

作り方
【1】

冷凍シーフードミックスは塩水(水200m、塩小さじ1、各材料外)に約30分つけて解凍し、水気をきる。
【2】
鍋にAの湯を沸かす。沸騰したら酒大さじ1と【1】を入れ、再び煮立ったらざるにあける。
【3】
にらは5cm長さに切る。にんじんは細切りにする。もやしはひげ根をとる。めんは電子レンジにかけて軽くほぐす。B(とりがらスープの素大さじ1/2、塩小さじ1/4、オイスターソース小さじ2、こしょう少々、酒・水各大さじ2)は合わせる。
【4】
フライパンに油を温め、にんじんともやしを中火でさっと炒める。油がなじんだら、めんを加えて炒める。
【5】
を加えてさらに炒め、水分がなくなったら、【2】とにらを加える。全体を混ぜ、火を止める。

◎メモ めんをほぐす 
電子レンジでめんを少し温めると、ほぐれて、炒めやすくなります。袋の口を少しあけ、500Wで約1分加熱。めんに湯をかけても。

献立の例 中華卵スープ、麦茶

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2020年6月13日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP