季節の手作り

[保存袋で少量・手軽] らっきょう漬け

6~7月に出回るらっきょうは、甘酢漬けにすれば約1年間、冷蔵庫で保存できます。
びんやかめで作ると洗っても容器ににおいが残るのが気になりますが、袋なら、気楽に作れます。
手作りのものは、パリッとした独特の食感で、市販品とは違うおいしさです。
カレーのおともに、おつまみにもどうぞ!

材料
【作りやすい分量】
・らっきょう…500g

[ A ]
・酢…300ml
・砂糖… 100g
・塩… 20g

赤とうがらし… 1本






作り方
【1】


らっきょうはよく洗い、泥を落とす。外側をひと皮むく。

【2】

上下を2~3mm ずつ切り落とす。

【3】

清潔なふきんで、水気をしっかりふきとる(水気が残っているといたみやすい)。

【4】

鍋(ステンレスやホーローなど酸に強いもの)にA (酢300ml、砂糖100g、塩20g)を合わせて、ひと煮立ちさせ、砂糖を溶かす。さます。

【5】


ポリ袋にらっきょうと赤とうがらしを入れ、4をそそぐ。袋の口を閉じ、冷蔵庫に1ヵ月ほどおく。においが気になる方は袋を2重にするのがおすすめ。

【手作りが好きな方におすすめの本】

かんたん手づくり食品
いつもの道具で、いつものキッチンスペースで作れる!
梅干しや梅酒、みそなど伝統的な手作り食品はもちろん、季節のくだものや野菜のジャム、漬けもの、自家製オイルサーディンなどのレシピが64種類。無理なく食べきれる分量だから、広い場所も、たるやかめも必要ありません。少人数家族でもOKの、かんたん、気軽な作り方です。

ベターホーム協会発行/B5判(189×257mm)/96ページ
※当ページのらっきょう漬けのレシピは掲載されていません。
購入はこちら

PAGETOP