先生のお取り寄せ

バッケンモーツアルト<あまざけジュレ>

甘酒がブームになって数年。その栄養価の高さから「飲む点滴」と呼ばれ、冬だけでなく夏にもおいしい飲みものとして定着してきました。そんな甘酒を原料にしたお菓子をご紹介します。
バッケンモーツアルトは、広島県西部、世界遺産厳島(いつくし ま)神社を抱える廿日市市(はつかいちし)にある菓子製造販売会社。「自然を材に、からだにやさしいお菓子」をコンセプトに作っているそうです。「あまざけジュレ」は、日本酒「獺祭(だっさい)」の酒粕を使い、レモンやりんご果汁で上品な香りをつけたジュレ。「出がけに冷蔵庫に入れておけば、一日がんばろうという気持ちになります」と市川先生は言います。
江戸時代には、天秤棒をかついだ甘酒売りが夏の風物詩だったとか。蒸し暑い日々をしのぐ必需品だったのでしょう。贈る相手のからだを思いやる、夏にぴったりの手みやげです。

 

 

 

 

 

 

ピンク色のかわいらしいパッケージ


ベターホームのお料理教室
大宮教室 市川加恵先生

おすすめポイント
日本酒のジュレもあり、甘党、辛党どちらにも好評です。

【あまざけジュレ】商品情報
箱詰め4個入り1,404円、6個入り2,160円、9個入り3,240円(税込)、送料別
内容量:1個あたり115g
日もち:製造より常温で6か月、冷暗所保管
注文方法:電話、FAXまたはHPから注文
配送:通常便
バッケンモーツアルト
TEL 0120-049-022 FAX 0829-34-4113
HP www.b-mozart.co.jp
※外部のウェブサイトにつながります
※アルコール分約0.5%のため、子どもやお酒の弱い人は注意が必要です。

※表示の価格や内容量等は掲載日時点の情報です。掲載した時点以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。




※当ページのコンテンツは、「月刊ベターホーム」本誌2018年7月号掲載の内容を、Web記事として再掲したものです。

PAGETOP