缶詰レシピ

コーン缶<コーンチャーハン>

保存がきいて、手軽に使える缶詰。
日々の食卓に、もっとかしこく&おいしく使いこなしましょう。

コーン缶
おいしいとうもろこし。
時間がないときは缶詰の力を借りましょう。
つぶつぶの「ホール」に加え、すりつぶした「クリーム」が楽しめるのも、缶詰ならではの魅力です。
今回は、「コーンチャーハン」。最初にコーンと桜えびを香ばしく炒めるのがポイント。彩りよく、子どもも喜びます。また、缶たんアレンジとして、トッピングやつけ合わせにおすすめの「たらコーン」もご紹介します。

<コーンチャーハン>

材料
【2人分/1人分364kcal、塩分1.2g】

・コーン缶(ホール) … 80g
・桜えび(乾燥) … 10g
・万能ねぎ … 2本
・温かいごはん … 300g
・ごま油 … 大さじ1
[A]
・酒 … 大さじ1
・しょうゆ … 小さじ1/2

・塩 … 小さじ1/4






作り方
【1】
ねぎは小口切りにする。

【2】
フライパンにごま油を温め、コーン(缶汁はきる)と桜えびを入れ、中火で炒める。

【3】
油がまわったら、A(酒大さじ1、しょうゆ小さじ1/2)を加えて混ぜる。汁気がとんだら、ごはんと塩を加えて炒め合わせる。

【4】
ごはんがパラパラになったら、ねぎを加えてひと混ぜする。

 


缶たんアレンジ

トッピングやつけ合わせに「たらコーン」

作り方
【全量107kcal、塩分1.1g】

たらこ15gは薄皮を除き、中身をしごき出す。耐熱容器に、たらこ、コーン缶詰(ホール・缶汁はきる)60g、バター5gを入れ、ラップをふんわりかけて、電子レンジで約30秒(500W)加熱する。ラップをとって混ぜる。

【コーン缶を使ったレシピはこちらもおすすめ】
「コーンお焼き」
クリーム缶と粉を混ぜて焼くだけ。おやつ、おつまみにもおすすめです。
「野菜たっぷりコーンスープ」
冷蔵庫に余っている野菜を入れて、具だくさんの“食べる”スープに。

※当ページのコンテンツは、「月刊ベターホーム」本誌2017年8月号掲載の内容を、Web記事として再掲したものです。

 

PAGETOP