季節の手作り

手作りバター

生クリームを泡立てるだけ。塩加減は好みで調節できます。
夏休みの自由研究におすすめです。





材料
【できあがりの量約100g】

・生クリーム* …カップ1(200ml)

*生クリームの乳脂肪分が少ないと固まらないので、乳脂肪分45%以上の高脂肪のものを使います。

・保存びん(清潔なもの)

作り方
【1】
生クリームをボールに入れ、ハンドミキサーか泡立器で泡立てます。冷えた生クリームのほうが早く泡立ちます。

【2】
脂肪分が固まってかたくなり、水分が分離するまで泡立てます。

【3】
分離した固形部分をペーパータオルにとり、水気をとります。有塩バターにする場合には、ここで塩少々(材料外)を加えます。

【レーズンバターを作る】
できあがったバターにレーズンを混ぜるとレーズンバターになります。レーズンはさっと洗って水気をふき、バターに混ぜて、ラップで包んで形を整えます。冷やしてから切ると、きれいに切れます。

【賞味期間と保存場所】
冷蔵庫で2週間

ふって作る
泡立器を使う代わりに、清潔な保存びんや空のペットボトル(500ml)に生クリームを半分くらいまで入れ、上下にふっても作れます。少し大変ですが、15分くらいふっていると次第に脂肪分がかたまってきます。ペットボトルの場合は、ペットボトルを中ほどからはさみなどで2つに切りバターをとり出します。水気をきって保存。

【手作りが好きな方におすすめの本】

とっておきの保存食とおすそ分けレシピ
作って楽しく、食べて幸せな気持ちになる、おいしい手作り食品のレシピが満載です。
定番の「梅酒」や「フルーツジャム」、ワインに合う「ドライトマト」や「肉のパテ」のほか、フルーツたっぷりの「サングリア」、「チキンナゲット」のレシピなど82品を掲載。
初めての方でも作れる、詳しいプロセス写真入り。料理のアレンジレシピもたっぷりと載せているので、毎日の料理作りに、また持ち寄りパーティ・友達へのおすそ分けに役立ちます。
ビニールカバー付きで、水濡れや汚れにも安心な仕様。

ベターホーム協会発行/B5判変型(180×230mm)/112ページ
※当ページのレシピは掲載されていません。
購入はこちら

PAGETOP