季節の手作り

お月見だんごと衣かつぎ

中秋の名月には、すすきや桔梗などの秋の草花と一緒におだんごを供えて、お月見としゃれこみましょう。農村では、さといもを供えたことから「芋名月」ともいいます。関東では皮をむかないでそのまま蒸して衣かつぎ、関西では煮ころがしやみそ煮にして供えます。お月見だんごのアレンジも紹介しています。お月見だんごのアレンジはこちら。



  • お月見だんご

材料
15個分/1個40kcal*あんは含まず】 
・だんご粉…150
・砂糖…大さじ1・1/2
・水…110~120ml
・つぶあん…適量

作り方
【1】
だんご粉に砂糖を混ぜます。水を少しずつ加えながらよくこねます。耳たぶくらいのかたさまでこねたら、15等分して丸めます。
よくこねるほど、やわらかい生地になります。

【2】
湯をわかし、だんごを入れます。浮き上がってからさらに4~5分ゆでてとり出し、水気をきります。

【3】
だんごを器に盛り、あんこを添えます。
さめるとかたくなってすべるので、温かいうちに積みましょう。

【豆知識】
白いだんごは月の象徴。供える数は、1年が12か月なので12個、うるう年には13個供えたり、十三夜、十五夜と供える日によって数を変えたりと、いろいろな風習があります。

  • 衣かつぎ

材料
【6個分/1個13kcal】 
・さといも(小粒)…6個(150g)
・ごま塩…適量

作り方
【1】

さといもはよく洗い、上1/3のところで、皮に切り目をぐるりと入れます。水気がついたままラップで包み、電子レンジ(500W)で約2分加熱します。上下を返してさらに約2分加熱します。

【2】
上の皮をむいて、ごま塩をふります。


<お月見だんごを使ったアレンジ

みたらしだんご

【だれの材料】(約5本分)
・砂糖…70g
・みりん…小さじ1
・しょうゆ…50ml
・水…80ml
・かたくり粉…10g

【作り方】
竹串を水につけておきます。たれ(砂糖70g、みりん小さじ1、しょうゆ50ml、水80ml、かたくり粉10g)は、鍋に材料を合わせて混ぜながら、とろりとするまで煮つめます。串にだんごを刺して弱火で焼き、熱いたれにからめます。

【手作りが好きな方におすすめの本】

私が作る和菓子
作って楽しく、食べて幸せな気持ちになる、おいしい手作り食品のレシピが満載です。
和菓子作りは、意外とかんたん。 見た目も味も楽しめます。
和菓子の魅力は、素朴な味わいと、季節を映しだす形や色。市販のあんなど、手に入りやすい材料を使い、身近な道具で作る和菓子のレシピ集です。ヘルシーな「みつ豆」、栗がたっぷりの「栗蒸しようかん」、ホットプレートで焼く「茶通」など、今すぐ作りたい和菓子レシピがたくさん。ちょっと気の利いたプレゼントとしても、おすすめです。

ベターホーム協会発行/B5判(187×263mm)/96ページ
※当ページのお月見だんごと衣かつぎのレシピは掲載されていません。
購入はこちら

PAGETOP