かんたん美味レシピ

ベーコンポテトエッグ

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
パン食の朝ごはんの定番メニュー、ベーコンエッグにじゃがいもを焼いて加えます。じゃがいもは卵にもベーコンにも相性抜群。ボリュームも加わって、食べごたえのあるおかずになりました。
卵はふたをしないで焼くと、黄身の表面に白い膜がはらず、きれいな黄色に仕上がります。2人分入る大きめのフライパンがあれば、一度に焼いてもよいでしょう。その場合、卵1個は先に器に割っておくと、2つの卵が時間差なく焼けます。
お皿の上に花が咲いたような可愛らしい見た目に、心が明るくなりますね。



材料
【2人分/1人分227kcal

・卵…2個
・じゃがいも…小2個(140g)
・ベーコン…2枚(40g)
・バター…10g
・塩・こしょう…各少々
・クレソン…2枝

作り方
【1】
じゃがいもは皮をむき、2~3mm厚さの薄切りにする。クレソンは根元を切り落とす。ベーコンは1~2cm幅に切る。
【2】
フライパンにバターを溶かす。じゃがいも、ベーコンを入れ、中火で両面に焼き色をつける。それぞれ半量ずつをいったんとり出す。
【3】
真ん中をあけて円形に並べ、卵1個を割り入れる。弱火にして2~3分、卵が好みのかたさになるまで焼く。
【4】
皿に盛り、塩、こしょうをふる。クレソンを添える。
【5】
残りのじゃがいもとベーコンを戻し入れ、同様にもう1つ作る。

◎メモ 卵の大きさ
グラム数によってSSからLLまでに分けられます。Mは約60g、Lは70g弱。かんたん美味のレシピではMサイズを使っています。サイズが違えば殻の大きさや卵白の量は異なりますが、卵黄の大きさにはあまり違いがありません。

献立の例 トマトとマッシュルームのスープ、トースト

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2021年5月22日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP