かんたん美味レシピ

フライパン茶碗蒸し グリーンピースあん

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
フライパンで作るお手軽茶碗蒸し。2人分をひとつの器で作ります。おなじみの茶碗蒸しは、卵液にさまざまな具を入れて蒸しますが、この茶碗蒸しの具は、あんのグリーンピースだけと、たいへんシンプル。缶詰や冷凍品30gでも作れますが、グリーンピースのきれいな色味があってこその料理なので、ここはぜひ、生のもので作ってみてください。
卵液とあんの両方に使う「だし」は、まとめてとって、段どりよく。水360mlとけずりかつお6gで、約300ml分のだしがとれます。



材料
【2人分/1人分63kcal

<卵液>
・卵…1個
・A[だし150ml、塩小さじ1/6、うすくちしょうゆ・みりん各小さじ1/3]
<グリーンピースあん>
・グリーンピース(さやつき)…60g
・だし…150ml
・B[塩少々、うすくちしょうゆ小さじ1/3]
・C[かたくり粉小さじ1、水小さじ2]

作り方
【1】
卵はときほぐす。Aを加えて、こし器でこす。深さのある耐熱性の器(容量約500ml以上)に注ぐ。
【2】
深めのフライパンに①を入れ、あいたところに熱湯を器の高さの半分の深さまで入れる。ふたをずらしてのせ、弱火で10分ほど蒸す。
【3】
グリーンピースあんを作る。グリーンピースはさやから出して洗い、水気をきる。
【4】
鍋にグリーンピースとだし150mlを入れて中火にかけ、約6分、やわらかくなるまで煮る。Bを加えて味をととのえる。Cを合わせて加え、混ぜながら煮立ててとろみをつける。②にかける。

◎メモ  グリーンピース
緑色が濃く、さやがふっくらしていて端まで豆が入っているものを選びましょう。さやを除くと乾燥してかたくなりやすいので、とり出すのは調理の直前に。さやの節目に親指の爪を立てて左右に開き、指で押し出すように豆をとり出します。

献立の例 たいの塩焼き、えのきだけととうふのみそ汁、ごはん

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2021年3月20日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP