TOPICS

【備蓄食品活用レシピ】ポリ袋でごはん

9月1日は防災の日。いざというときのために、食料備蓄について考えてみませんか。
大規模災害に備えて、1 週間分の食料備蓄が必要だといわれています。ベターホームのおすすめする備蓄の考え方は、1「ふだん食べているものをベースに備蓄」2「備蓄品を日々の食事にとり入れる」こと。

備蓄食品は、災害時以外にも、病気で買い物に行けない時などにも役立ちます。家族の嗜好や年齢などから適正な量や種類の食品を揃え、また備蓄しているものを把握して日々の食事に活用し、常に新しいものがストックできるようになると安心です。

熱に強い高密度ポリエチレン製のポリ袋を使用したごはんの炊き方を紹介します。湯せんでごはんを炊けば、同じ湯でレトルト食品をあたためることもできます。






【材料 1合分】
・米… 米用カップ1(150g)
・水… 180~200ml
・高密度ポリエチレン袋… 1枚(厚手タイプ:目安0.025mm)

【作り方】
【1】
ポリ袋に米と水を入れる。
【2】

ポリ袋を平らにし、中の空気をだす。(水の中にしずめ、ポリ袋内の空気をさらに抜く)
【3】

ポリ袋の中に空気が入らないようにねじり上げ、上の方で袋の口をかたく結んで、30分浸水させる。
【4】

鍋の底に皿をおく。ポリ袋と、つかるくらいの水を入れる。
【5】
ポリ袋をしっかり鍋におさめ、ふたをして加熱する。沸騰後、沸騰がつづく程度の弱めの中火にし、20分加熱したら火をとめる。ふたをしたまま10分蒸らす。

備蓄する食品の選び方 詳しくはこちら

●水は必ずストックする
・1人1日2~3リットル必要。飲んだり、調理に使ったりする以外にも必要なため、多めにあると安心
●いつもの食材の中から備蓄に向くものをリストアップする
・ふだん食べている食品のうち、缶詰、インスタント食品、パスタ、乾物、根菜、調味料、菓子類など、常温で日もちがするものを確認する。
・災害直後は調理ができる環境や心もちではないかもしれない。調理不要ですぐに食べられる食品を多めに用意する。
・子どもや高齢者、食物アレルギーがある方など、家族構成や嗜好にあったストックをする。
●不足しがちな栄養がとれる食品を多めに備蓄
・備蓄できる食品では、緑黄色野菜、肉、魚などがとりにくい。ビタミンA、ビタミンC、たんぱく質が不足するため、野菜・くだものジュースや缶詰、肉や魚を使ったレトルト食品や缶詰を意識的に加える。豆や高野とうふなど植物性たんぱく質を含む食品を増やしても。

災害時の調理のポイント
●カセットコンロとボンベを常備する

【カセットボンベは大人2人で、6~9本が目安】
●電気もガスも使えない時は唯一の熱源としてカセットコンロは欠かせません。カセットボンベの予備とともに備えておきましょう。温かい食べ物は生きる活力にもなります。
●カセットコンロとボンベにも使用期限があります(コンロは10年程度、ボンベは6~7年)。チェックしておきましょう。

●使う水や熱源を最小限にする

・ひと鍋で作れる料理を。スープやみそ汁にパスタやもちなどを入れると、炭水化物もとれる
・ポリ袋の中であえものなどの調理をすると、洗いものが少なくできる。
【用意すると便利なもの】
・キッチンばさみ:ちょっとしたものはキッチンばさみで切れば、包丁とまな板を使わなくてすむ。
・ポリ袋:あえものなどをポリ袋の中で作れば、洗いものが少なくなる。
・高密度ポリエチレン製の厚手のポリ袋:耐熱性に優れた素材で、ごはんを炊くなどの湯せん料理が可能。
・ラップ・アルミホイル:食べるときは、食器にラップやアルミホイルを敷いて、洗わずにすむようにする。
・使い捨ての調理用手袋:衛生的に調理ができる。
【備蓄食品を活用レシピ こちらのレシピもおすすめ】
水戻しパスタ  
すいとん汁
缶詰や乾物を活用 かんたんレシピ

PAGETOP