• 和食マスターコースADVANCE

和食応用技術の会・春夏

伝えたい、しみじみおいしい季節の和食。レパートリーが広がります

毎日の食卓に、特別な日に、くり返し作りたくなる。季節の家庭料理は、心がなごむおいしさです。旬の素材を使った、伝えていきたい季節の和食を、気負わず作れる工夫を盛り込んだレシピで作ります。

5月開講春夏6回コース
期間:
月1回(全6回)・5〜10月の半年
会費:
半年(6回)分 36,300円(税抜33,000円)

※ベターホームが初めての方は、入会金3,300円(税抜3,000円)がかかります。詳しくはこちら

5

シンプルだから、おいしさは腕次第

  • かれいの煮つけ
  • 卵豆腐
  • キャベツとにんじんのごま酢あえ

和食の定番「かれいの煮つけ」。ふっくらとやわらかく、おいしく作るにはたくさんのコツがあります。「自分で作れるの?」と驚いてしまいそうな「卵豆腐」は、だしのおいしさとなめらかな口当たりが味わえる、極上のひと品。

6

梅雨の季節のバランスごはん

  • あじの南蛮漬け
  • 炒り豆腐
  • きゅうりの香味あえ

「あじの南蛮漬け」は、じめじめした季節にうれしい、食欲を刺激してくれるおかず。干ししいたけのうま味にとり肉のコクが加わった「炒り豆腐」も、ごはんが進む味。たんぱく質と野菜がとれて、栄養たっぷり。

7

七夕、お盆、夏の食卓

  • ささみと夏野菜のそうめん
  • めんつゆ
  • 精進揚げ
  • 白うりの梅あえ

七夕に、天の川や織り糸に見立てて食べられるそうめんを、自家製のめんつゆで。お盆の時期の天ぷらには、肉や魚を使わない「精進揚げ」を。古くから日本で食べられてきた白うりは、うりの食感と梅の酸味がおいしいあえものに。

8

盛夏をのりきる、かあさんの知恵

  • 豚肉のみそ漬け
  • ポテトサラダ
  • とうもろこしごはん
  • 豆腐とみょうがのすまし汁

みその香りが食欲をそそる「豚肉のみそ漬け」は、特製合わせみそに漬けておけば、あとは焼くだけ。とうもろこしの甘味と風味がうれしい「とうもろこしごはん」で、食卓に季節感を添えて。

9

ふっくらジューシー、自慢のおいなりさん

  • いなりずし
  • 鮭の紙包み焼き
  • のっぺい汁

手作りの「いなりずし」、憧れませんか? おいしくきれいに作れるようになります。「鮭の紙包み焼き」は、華やかな見た目がおもてなしにもぴったり。秋鮭にもみじの型で抜いたにんじん、きのこなど秋をたくさん包みこんで。

10

栗をむき、柿をあえる、実りの秋

  • 栗ごはん
  • さばのおろし煮
  • 春菊と柿の白あえ

さっぱりとやわらかく仕上げる「さばのおろし煮」は、栄養たっぷり、食べやすいボリュームおかず。ほんのり甘く、彩りも秋らしい「春菊と柿の白あえ」は、すり鉢を使い、なめらかでとびきりおいしいあえ衣に。

受講者の声VOICE

  • 栄養や彩りまで考慮された定番料理を学べます

    イチオシの1品:そうめん
    めんつゆを手作りできるなんて思わなかったです。しかもとてもおいしい。もう市販のめんつゆには頼らないですみそうです。

    銀座教室ひとみさん30代女性

  • 普段の食卓に並ぶ季節感のあるお料理

    旬の食材の説明など、作り方だけでなく役立つ知識がいっぱいで、優しく親切に教えてもらえました。教室で習ったお料理を食卓に並べると、主人がうれしそうに食べてくれます。

    イチオシの1品:あじの南蛮漬け
    思っていたよりもかんたんに作れました。

    銀座教室けけねぇさんさん40代女性

  • 習った翌日から毎日の食卓にいかせます

    たちまち役に立ちます。教わった翌日には、もうわが家の夕食にいかされています。
    結婚以来15年、料理本を見ながら自己流で作ってきた和食。
    今になって、こういうことだったのかと理解を深めています。
    例えば、魚の煮つけは魚の中まで味をしみ込ませなくてもよい。
    さといもの煮ころがしは、一列に並べて煮るとうまくいく。
    白あえに入れた柿の天然の甘さがおいしいこと。
    ほうれんそうとまいたけのおひたしは、五味の1つである「うまみ」をいかし、減塩している。
    毎回の授業で得るものはたくさんあり、違う料理もうまくできるようになって、どんどん発展していきます。

    イチオシの1品:さばのおろし煮
    子どもたちが刺身以外の魚料理は嫌いで、特にさばはどうやっても食べませんでした。
    ところが、この料理はお肉を食べる時のようにペロリと食べてくれました。
    どんな食材も工夫次第なんですね。

    吉祥寺教室かほちゃんママさん40代女性

和食上級技術の会
トップへ戻る