• 5月開講
  • NEW
  • おすすめ
  • 和食マスターコース expert

和食上級技術の会・春夏

和食マスターコースの最上ランクのコースです。

旬の食材を生かした季節の料理、伝統的な行事や歳時に根付いた料理など、家庭の和食を極めたいという方に。ワンランク上の技術と知識が身につくので、和食作りに自信がもてます。

期間:
月1回(全6回)・5~10月の半年間
教室:
ベターホームのお料理教室 全国17ヵ所

天候不順や地域により、一部他の材料に代えて実習する場合もあります。※写真はイメージです。

申し込み・開講スケジュールは
こちら
11月開講クラスの実習内容はこちら

コースの特徴

ワンランク上の技術と知識が身につくので、和食作りに自信がもてます

ひと手間かけて、旬の素材のおいしさを引き立てる、先人の知恵や料理法が習えます。家族のお祝いや歳時、おもてなしに、繰り返し作りたくなる季節感あふれる料理のレパートリーの幅が広がります。

穴子は、一人ずつ縫い串を打ち、ふっくらと焼き上げます。扱いに神経を使う魚ですが、上手に焼き上げるコツが身につきます。

伝統的な道具や調理法を学べます

日本の家庭で使い継がれてきた道具を使い、伝統的な調理法で極上の仕上がりに。一方で、道具や材料を替えて、家庭の台所でもおいしく作る方法もお伝えします。

「あじの押しずし」を作る際は、伝統的な道具、木枠を使います。基本の作り方を身につければ、材料を変えてアレンジもできます。

和食ならではの旬の食材を扱います

あゆや新しょうが、むかごなど、旬の食材を使った季節の和食は、しみじみおいしい。穴子やじゅんさいなど、特別感のある食材の扱い方も身につきます。和食の盛り付けルールや、料理を美しく見せるためのコツ、献立の立て方も習えます。

「あゆの魚田」。香魚(こうぎょ)と呼ばれるあゆに田楽みそを塗って焼き、香ばしく仕上げます。初夏を感じる一品です。
申し込み・開講スケジュールは
こちら