• NEW

後藤祐輔シェフ監修 おいしい洋食

毎日の食事作りにも、特別な日にも。

日々の食卓はもちろん、記念日やおもてなしにも活かせるメニューが勢揃い。シェフならではの技術とセンスで、ベターホームの洋食をよりおいしく、現代的にアップデートしました。

5月開講6回コース
期間:
月1回(全6回)・5〜10月の半年
会費:
半年(6回)分 39,600円(税抜36,000円)

※ベターホームが初めての方は、入会金3,300円(税抜3,000円)がかかります。詳しくはこちら

5
  • ビーフステーキ 赤ワインソース
  • グラタン・ドフィノワ
  • シーザーサラダの温泉卵添え

“ごちそうの代名詞”ともいえる「ビーフステーキ」。中はロゼ色、ジューシーに焼きあげるには、シェフ直伝のとっておきのコツが! 赤ワインソースも、家庭で作ったとは思えない豊かな風味です。

6
  • ふわとろオムライス
  • サーモンといかの前菜
  • パプリカポタージュ

「ふわとろオムライス」はその名の通り、卵をふわふわとろとろに仕上げたオムレツが魅力。チキンライスは単品でもおいしく、“大人の味”のケチャップソースの作り方も必見です。

7
  • カルボナーラ
  • 緑のサラダ 雑穀ドレッシング
  • フルーツジンジャーティー

パスタの定番「カルボナーラ」。本格的な味わいの濃厚なソースに、パルミジャーノ・レッジャーノをけずって仕上げます。アイスでもホットでも楽しめる「フルーツジンジャーティー」と一緒に。

8
  • たいのソテー ブールブランソース
  • ラグーソースのパスタ
  • セロリのスムージー

皮はパリッと、身はふっくら焼きあげたたいと、酸味の効いたソースが相性抜群! 「ラグーソースのパスタ」は、短時間でうま味をたっぷり引き出したソースをショートパスタにからめます。

9
  • えびクリームコロッケ ビスク風
  • メンチカツ
  • 白いんげん豆のスープ

おなじみの揚げものも、工夫をこらしてレストランのような一皿に。「えびクリームコロッケ ビスク風」は、クリームソースと市販のアメリケーヌソースを使って、ビスク風のリッチなコロッケに仕上げます。添えのタルタルソースも絶品です。

10
  • 濃厚ビーフシチュー
  • 季節野菜のハーブマリネ
  • アーモンドミルクのブランマンジェ

お店で何時間も煮込んだような、コクとうま味たっぷりの「ビーフシチュー」。かくし味は、和食のあの食材。習ってみてのお楽しみです。

料理の監修は、フレンチレストラン「アムール」エグゼクティブシェフ 後藤祐輔先生

プロならではの技術とセンスで、ベターホームの洋食をよりおいしく、現代的にアップデートしていただきました。

プロフィール 後藤祐輔(ごとうゆうすけ)

1979年東京生まれ。フランスや銀座のフレンチレストランでの料理修行を経て、2012年に、西麻布(現在は広尾に移転)にオープンした「アムール」の総料理長に33歳で就任。わずか半年でミシュラン一つ星を獲得。2019年まで7年連続で星を維持する。2014年からシェフに習うコース<フランス家庭料理の会>講師を務め、家庭で手軽に作れるフレンチとして好評を博す。

後藤祐輔シェフ インタビュー「あの人に会いたい」はこちらから。

世界のチーズ料理
トップへ戻る