• 和食マスターコースBASIC

和食基本技術の会・秋冬

これまでに30万人が受講した人気コース

和食の基本がしっかり身につき、定番のおかずをおいしく作れるようになります。初心者の方、改めて基本から習いたい方もどうぞ。

11月開講秋冬6回コース
期間:
月1回(全6回)・11〜4月の半年
会費:
半年(6回)分 29,700円(税抜27,000円)

※ベターホームが初めての方は、入会金3,300円(税抜3,000円)がかかります。詳しくはこちら

11

焼きものの基本

  • ぶりの照り焼き かぶの甘酢漬け
  • ふろふきだいこん
  • ほうれんそうのごまあえ

脂ののった旬のぶりを、とびきりおいしい照り焼きに。冬においしい野菜の副菜2品を合わせて。

11月のクラスで学べるポイント
照り焼きのしかた
野菜の面とり、かくし包丁
青菜を色よくゆでるコツ
ごまのすり方
12

おせち3品を手作り

  • 筑前煮
  • 紅白なます
  • えびのつや煮

お正月への祝いの気持ちを込めた3品を作りながら、おせち料理の由来も学べます。にんじんの飾り切りは、習ってこそわかる包丁わざです。

12月のクラスで学べるポイント
飾り切りのしかた(梅花にんじん)
なますの作り方
えびの下処理
1

ふんわりきれいなだし巻き卵

  • だし巻き卵
  • すき煮
  • 水菜のゆず漬け

ふっくらやわらかなだし巻き卵を1人1本焼きます。卵液を流し入れるタイミング、火加減、巻き方、そして美しい盛りつけ。どのポイントも見逃せません。

1月のクラスで学べるポイント
ごはんの炊き方
かつおだしのとり方
だし巻き卵のコツ
2

春の節句を祝う

  • 五目ずし
  • すまし汁
  • きゅうりのむらさき漬け

ハレの日に作りたい五目ずし。それぞれのコツをおさえ、ていねいに作ると、思わず歓声が上がるできばえに!

2月のクラスで学べるポイント
すしめしの作り方
すしおけの扱い方
薄焼き卵の焼き方
かつおこんぶだしのとり方
3

衣はカリッ、肉はやわらか

  • とんかつ
  • あさりのみそ汁
  • ふきと油揚げの田舎煮

お店顔負けのおいしいとんかつと、キャベツのせん切りは、ベストパートナー。春の食卓にのせたい、ふきとあさりを献立に。

3月のクラスで学べるポイント
揚げもののコツ
ふきの下処理
貝の砂抜き
みそ汁の作り方
4

ふっくらつくねと炊き込みごはん

  • しそつくね
  • たけのこごはん
  • ひじきのちぐさあえ

旬の食材の代表格、たけのこを、この季節ならではの炊き込みごはんに。さめてもおいしいつくねは、お弁当にも重宝します。

4月のクラスで学べるポイント
土鍋ごはんの炊き方
つくねをふっくら焼くコツ

受講者の声VOICE

  • 色々な和の副菜が勉強できます

    ぐっとおいしくなるポイントをいつも楽しみに通っています。先生が楽しそうにお料理されている様子が一番好きです。どうしても時間に追われてしまいがちですが、先生方を見て、「楽しまないとおいしくできないな」と気づかされました。

    イチオシの1品:ひじきのちぐさあえ
    かんたんで磯の香りが楽しめる1品です。さっぱりといただける大好きなレシピになりました。

    名古屋教室salaさん40代女性

  • 包丁の持ち方、お米のとぎ方、だしのとり方など、人には聞けない基礎から詳しく教えてもらえる!

    料理教室に通うまでまったく料理をしませんでしたが、今では、習ったメニューを作って食べるのが楽しみになりました。

    イチオシの1品:五目ずし
    「手作りでこんなに味がしみた具が作れるんだ!」と感激しました。薄焼き卵を冷凍しておけるところも◎です。

    池袋教室いろあすさん20代女性

  • かんたんに思えるお料理こそ、ひと手間かけることの大切さ

    自己流だっただしの取り方や、野菜の扱い方、お肉の切り方など基本を丁寧に教えていただけるのでとても参考になっています。

    イチオシの1品:ほうれんそうのごまあえ
    ごまあえを作る時は、いつも市販のものを使っていましたが、すり鉢でごまを擦るとこれまでのごまあえとは全然違い、とても感動しました。かんたんに思えるお料理こそ、ひと手間かけることの大切さを教えてくれるんだなと感じました。

    梅田教室トモカさん30代女性

お料理入門コース
トップへ戻る