お料理入門コース・春夏

まずはここから。
基本の「き」から習え、初心者の方も安心。

これから料理に初めてチャレンジする方や、料理が苦手な方におすすめのコース。包丁の使い方からはじめ、ステップアップ。役立つ技術や知識を身につけながら、おいしい料理を作りましょう。

5月開講春夏6回コース
期間:
月1回(全6回)・5〜10月の半年
会費:
半年(6回)分 27,720円(税抜25,200円)

※ベターホームが初めての方は、入会金3,300円(税抜3,000円)がかかります。詳しくはこちら

5

手軽なのに、本格派の味

  • 麻婆豆腐
  • トマトとたこのマリネ

基本の「き」からスタート。
素を使わなくても、シンプルな材料で作れる「麻婆豆腐」は、実用度No.1! 歯ごたえのある冷たいマリネとの組み合わせで、栄養のバランスもよくなります。

5月のクラスで学べるポイント
包丁の持ち方
調味料の計量
とろみのつけ方
6

だれかに作りたくなる初夏メニュー

  • 白身魚のハーブパン粉焼き
  • 夏野菜のオープンオムレツ

切り身魚にハーブを混ぜたパン粉をつけて、フライパンでカリッと焼きあげます。カラフルなオープンオムレツをあわせて、華やかな食卓に。

6月のクラスで学べるポイント
切り身魚の扱い方
パン粉焼きのコツ
卵の基本
7

アジアンプレートごはん

  • ガパオ風ごはん
  • えびとアボカドのサラダ

暑い季節にぴったりの、アジアごはん。タイ料理の「ガパオライス」を、作りやすくアレンジしました。目玉焼きをとろりとくずし、混ぜながら食べます。

7月のクラスで学べるポイント
とり肉の扱い方
大きさをそろえて切るコツ
目玉焼きの作り方
ごはんの炊き方
8

イタリアンに挑戦!

  • トマトとモッツァレラチーズのスパゲティ
  • たいのカルパッチョ

スパゲティを、手作りのトマトソースで。とろりと溶けたモッツァレラチーズとの組み合わせがたまりません。カルパッチョを添え、手軽にできるイタリアンメニューを楽しみましょう。

8月のクラスで学べるポイント
スパゲティのゆで方
トマトソースの作り方
刺身用さくの扱い方
9

ふっくらジューシー、ハンバーグ

  • 煮込みハンバーグ
  • かぼちゃのサラダ

人気のメニュー、ハンバーグ。コクのあるドミグラスソースで煮込み、ふっくら、ジューシーに仕上げましょう。

9月のクラスで学べるポイント
たまねぎのみじん切り
ハンバーグの作り方
かぼちゃの扱い方
10

おいしくてヘルシー、和食っていいね

  • 肉じゃが
  • 青菜ののりあえ
  • なめこのみそ汁

ほっくり、味のしみたおいしい肉じゃがと、だし香るみそ汁は、ずっと作り続けていきたい定番料理。コツを習えば初心者でもおいしく作れます。

10月のクラスで学べるポイント
煮ものの火加減
青菜のゆで方
かつおだしのとり方
みそ汁の作り方

受講者の声VOICE

  • 「かんたんなのにこんなにおいしくできるんだ!」という驚きを感じました

    料理初心者向けの基礎知識はもちろん、「かんたんなのにこんなにおいしくできるんだ!」という驚きが多かったから。春夏・秋冬コース、1年を通してさまざまな種類の料理を教えてもらい、レパートリーが増えました。先生たちのていねいな言葉遣いや手際の良さに品を感じ、自分にも取り入れたいと勉強になることばかりでした。今は家庭料理の会に通っています。引き続きさまざまなお料理を楽しく学べるようになりたいです。

    イチオシの1品:ガパオ風ごはん
    ごはんがよくすすんでおいしい!かんたんなのに、ちょっと本格的なタイ料理だったから。家で作れるんだと感動した!

    横浜教室naomiさん30代女性

  • いまさら聞けないことを目の前で教えてもらえます

    包丁の使い方、お米の研ぎ方、まな板の使いかた、料理の手順などいまさら聞けないことを目の前で講習してもらえたのは本当に役に立ちました。料理本や動画サイトだけでは学べない貴重な体験です。

    池袋教室もこぽこさん40代女性

  • 家でも繰り返し作りたくなる定番メニュー

    包丁の持ち方や切り方など、料理の基本的なことをデモンストレーションで教えていただけるので、とてもわかりやすいです。
    また、メニューも定番のものが多いですが、手順通りにスピーディーに作れるので、家でも繰り返し作りたくなります。

    イチオシの1品:煮込みハンバーグ、かぼちゃのサラダ
    ハンバーグは野菜も一緒に煮込むので、フライパンだけで一度に仕上がりました。かぼちゃのサラダも一手間加えることで、かぼちゃが切りやすくなり、シンプルだけどおいしくいただけます。

    福岡教室juneさん30代女性

和食基本技術の会
トップへ戻る