後藤祐輔シェフ監修 うれしい洋食

おいしく、たのしく、時短も叶える“うれしい”洋食メニュー

人気の高いおなじみの洋食を、一流シェフの視点でさらにグレードアップ。記念日やおもてなしにも役立つセンスのよい盛りつけも身につきます。

11月開講6回コース
期間:
月1回(全6回)・11〜4月の半年
会費:
半年(6回)分 42,570円(税抜38,700円)

※ベターホームが初めての方は、入会金3,300円(税抜3,000円)がかかります。

2月までは、コース制に途中から入会できます。詳しくはこちら

11

フルーティーでコクのある本格カレー

  • 欧風ビーフカレー
  • アスパラとオレンジのグリルサラダ
  • 焼きショコラ

手間や時間がかかるといわれる欧風カレー。みじん切りや炒めるところは手を抜かず、小麦粉やルウを使わずに作ります。食後にうれしい「焼きショコラ」は板チョコレートで作れるかんたんデザート。

12

フランスの家庭料理“白い煮こみ”

  • ホタテとえびのフリカッセ
  • チキンとアボカドのサラダ 柚子こしょうドレッシング
  • ポップオーバー

具材たっぷり、豊かなうま味、見た目も美しいフリカッセは、材料の工夫で煮込み時間を短縮。発酵なしで作れるかんたんパン「ポップオーバー」。焼きあがりを待つ時間もワクワク楽しめます。

1

火入れのコツでしっとりやわらか

  • ポークソテー ジンジャーソース
  • コールスロー
  • オリーブごはん

脂身もおいしく食べられる、厚みのある「ポークソテー」にピラフのようなごはんがよく合います。紫キャベツを使った色鮮やかな「コールスロー」は、ドレッシングにひと工夫。

2

チキンソテーを色鮮やかなソースで

  • チキンソテー パプリカソース
  • きのこのクリーミーリゾット
  • 緑茶のモクテル

皮はパリパリ、身はふっくらしたチキンソテー。きのこが香る「きのこのクリーミーリゾット」は、2種のチーズを使って。「緑茶のモクテル」は、緑茶シロップとジュースで二層に仕上げるノンアルコールカクテル。

3

切り身魚をとびきりおいしく

  • 魚のブレゼ
  • レンズ豆のポタージュ ガーリックトースト添え
  • カフェジュレ

切り身魚をさっと焼き、ほどよい酸味のソースと軽く煮込みます。食べごたえのあるポタージュは“味変あじへん”も楽しめます。「カフェジュレ」は、固める方法もお楽しみに♪

4

日本のものとは異なる“新しい”ハンバーグ!

  • フランス風ハンバーグステーキ きのこソース
  • 白いポテトサラダ
  • ブロッコリーとチーズのポタージュ

「フランス風ハンバーグステーキ きのこソース」は、日本でイメージされるハンバーグとは異なる肉料理。酸味のきいた「白いポテトサラダ」と、チーズのこくがきいたポタージュがよく合います。

料理の監修は、フレンチレストラン「アムール」エグゼクティブシェフ 後藤祐輔

プロならではの技術とセンスで、ベターホームの洋食をよりおいしく、現代的にアップデートしていただきました。

プロフィール 後藤祐輔(ごとうゆうすけ)

1979年東京生まれ。フランスや銀座のフレンチレストランでの料理修行を経て、2012年に、西麻布(現在は広尾に移転)にオープンした「アムール」の総料理長に33歳で就任。わずか半年でミシュラン一つ星を獲得。以後7年連続で星を維持する。2014年からシェフに習うコース<フランス家庭料理の会>講師を務め、家庭で手軽に作れるフレンチとして好評を博す。

後藤祐輔シェフ インタビュー「あの人に会いたい」はこちらから。

おいしい洋食
トップへ戻る