からだを整えるバランスごはん・春夏

毎月のテーマに合わせ、おいしくて体にいい料理を作ります。

健康や美容のためには、何をどう食べるかがとても大切。薬膳の知恵をとり入れた体にいい料理を、身近な食材で作ります。
毎月の料理に合わせ、ハーブティーや健康茶などのドリンクがつきます。
※当コースで実習する料理は、薬ではありません。体調不良が続く場合は医療機関の受診をおすすめします。

5月開講春夏6回コース
期間:
月1回(全6回)・5〜10月の半年
会費:
半年(6回)分 36,300円(税抜33,000円)

※ベターホームが初めての方は、入会金3,300円(税抜3,000円)がかかります。詳しくはこちら

5

ストレスをやわらげる

  • 春野菜のアクアパッツァ
  • しそのジェノベーゼ
  • シトラスのプルーンソース
  • カモミールティー

イライラしたり、不安になったり、ため息が出たり。春は環境の変化でストレスを感じやすい季節です。気持ちを落ち着かせる食材を使った料理で、上手にリラックスしましょう。

6

むくみを感じたら

  • 薬膳豆カレー
  • アスパラとヤングコーンのチキンサラダ
  • マンゴーの甘酒ドリンク

湿気の多い梅雨や夏場は、体がむくみやすい季節。体の水分調節がうまくいかないことが、体のだるさ・めまいなどにつながることも。代謝をよくする働きのある食材を使った料理で、すっきりと過ごしましょう。

7

夏バテ対策

  • 酸辣湯つけ麺
  • 手作りラー油(デモンストレーション)
  • とうもろこしとズッキーニのザーサイあえ
  • すいかとアロエの薬膳ゼリー
  • とうもろこしのひげ茶

じめじめとした暑い夏には「やる気がでない」「食欲がなくなる」「疲れがとれない」など、不調が起こりがち。熱を冷ましてかわいた体をうるおし、エネルギーを補う食材を使った料理で、夏を元気に過ごしましょう。

8

質のよい眠りのために

  • いかの豆腐バーグ
  • ゴーヤとカシューナッツのアンチョビマヨ
  • 和風ガスパチョ
  • ほうじ茶

寝つきが悪かったり、眠りが浅く途中で起きてしまったり。充分な睡眠がとれないと、疲れはとれないものです。質のよい睡眠のため、気持ちの高ぶりや体のほてりをおさえる食材を使い、暑い季節にさっぱりと食べやすい献立に。

9

血行改善

  • 焼きさんまのちらしずし
  • なすとししとうのえび塩あえ
  • 長いもとれんこんのにらだれ
  • 玄米茶

血行が悪いと全身に栄養や酸素がめぐらず、肩こりや腰痛、代謝不良などの原因となります。さらに血行のよさは、美肌など若々しさを保つためのポイントでもあります。血のめぐりをよくする食材を使った、秋の訪れを感じる華やかな和食をどうぞ。

10

肌をうるおす

  • 薬膳麻辣マーラー
  • れんこんとにんじんの中華マリネ
  • 黒豆とあんずの豆腐デザート
  • はと麦茶

空気が乾きはじめ、肌の乾燥やシワなどのトラブルが起こりやすくなる季節。体をうるおす食材や血のめぐりをよくする食材で、ハリのある、美しい肌を目指しましょう。身近な食材やスパイスで、家庭でも薬膳料理の本格的な味を楽しめます。

薬膳知識の監修は、薬膳フードデザイナー・国際中医師・中医薬膳師 北山彩子先生

専門家ならではの豊富な知識と、昔からベターホームの大ファンだという2つの視点から、ふだんの生活にとり入れやすい薬膳知識を監修いただきました。

プロフィール 北山彩子(きたやまさいこ)

東京自由が丘で「FOOD and LIFE」を主宰。「薬膳で体もココロも元気に!」をモットーに、身近な食材で作るかんたんで家庭的な薬膳料理を広めたいと、雑誌やTVで活躍中。

健康寿命をのばす元気ごはん
トップへ戻る