ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
湯せんにかける

お湯を通して、間接的に熱を加えること。

直火でなく、湯を通して、間接的に加熱することです。具体的には、鍋やボールに湯をはり、ひとまわり小さい容器を、底が湯につかるように入れて温めます。熱のあたりがやわらかいので、材料をこがすことがありません。

お菓子づくりでは、よく出てくる手法です。たとえば、全卵を泡立てるときは、湯の温度が80℃くらいの湯せんにかけて、卵液を人肌よりややぬるい程度に温めてから行うと、手早く泡立てることができます。

こげやすいバターやチョコレートなどは、湯せんにかけて溶かすことがほとんど。チョコレートは加熱しすぎると分離してしまうため、湯の温度は50〜60℃くらいに保ちます。バターは熱い状態にしておいたほうが、生地とうまく混ざるので、鍋を火にかけて、湯の温度が下がらないようにします。また、ふやかしたゼラチンを溶かすときは、沸とうさせると固まりにくくなります。湯の温度が40〜50℃くらいの湯せんで溶かせば失敗がありません。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡