ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
呼び塩

塩からい食品の塩分を抜くために、薄い塩水にひたすこと。

おせち調理には欠かせないかずのこ。一般的には塩漬けのものを使いますが、そのままではしょっぱくて食べられません。
どこで、薄い塩水にひたし、ちょうどいい塩からさに調節します。この手法を呼び塩といいます。

真水にひたしたほうが、より早く塩気が抜けるようにも思えますが、真水と塩蔵かずのこでは、塩分濃度の差が大きすぎるため、かずのこが真水を吸いこみ、塩分と一緒にうま味が抜けて、水っぽくなってしまいます。
薄い塩水につけると、両方の水分量を一定にしようとする作用がはたらき、適度な塩気をかずのこに残しつつ、余分な塩気を抜くことができるのです。
塩で塩を引き出すため、呼び塩といい、迎え塩ともいいます。

かずのこのほか、しょっぱすぎる塩ざけや、むきえびなどの塩気を抜くときにも、呼び塩を使います。塩水の濃度は食品にもよりますが、かずのこなら0.5〜1%(水カップ3に小さじ1の割合)程度です。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡