ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
かくし包丁

素材の切り口に切れ目を入れること。忍び包丁、かくし刃ともいう。

大ぶりに切っただいこんなどの下ごしらえでよく目にするのが、「切り口の一方に十文字の切れ目を入れます」という表現。これは「かくし包丁」といい、加熱するときに、火の通りをよくし、味をしみこみやすくするために行います。盛りつけたときしたになるほうの面に、厚みの1/3くらいまで十文字に切り目を入れます。切り分けやすくもなり、食べやすさにもひと役かっているのです。野菜やいも類、魚にすることもあります。

似た用語に「飾り包丁」がありますが、こちらは盛りつけたときに表になるほうに、飾りになるような切り目を入れること。かくし包丁が見えないように切り目を入れるのとは対照的です。味をしみこみやすくするという点では同じものの、仕上がりの美しさをも計算に入れた手法です。揚げなすなら、斜めに格子状の飾り包丁を入れると、皮の破裂が防げて火の通りも早く、仕上がりがきれいです。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡