ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
ひたひた かぶるくらい たっぷり

いずれも、鍋などで材料をゆでるときに、入れる水(または湯)や、煮るときのだしなどの量を表すことば。

ひたひた かぶるくらい たっぷり

レシピによく登場することばですが、違いがわかりますか。
いちばん水加減を迷うのは、「ひたひた」ではないでしょうか。「ひたひたの水」となっている場合は、鍋やボールに材料を平らに入れ、水をそそいだときに、材料の頭が見えたりかくれたりするくらいの微妙な量を表します。

それに対して、「かぶるくらいの水」となっている場合は、材料の頭は基本的に出ません。材料全体がぎりぎり水につかっています。

「たっぷりの水」とあれば、文字どおり、水はたっぷり入れます。材料全体がすっかり水の中にひたっており、さらに充分な水量がある状態です。また、青菜やパスタなどをゆでるときは、写真よりもっとたっぷりの湯でゆでます。


Copyright (C) 1999-2016 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋吉祥寺銀座町田神奈川 横浜藤沢千葉埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡(天神)