ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
アク

野菜を切り口から褐色に変色させてしまう色素のこと

食材にもともと含まれており、とり除かないと、えぐ味・しぶ味・にが味など
「おいしくない」と感じられ、仕上がりの味を左右するもののこと。

たとえば、ほうれんそうをゆでずに、いためものをしてしまったとき。しぶいような変な感じが舌に残ったことはありませんか。これこそが「アク」とよばれるものです。よく見る「水にさらしてアクをとります」という表現。野菜のアクは水に溶けだす性質をもつものが多いので、水にさらしたり、ゆでたりすることで、アクを抜き、切り口が褐色に変色するのを防ぐことができるのです。

野菜だけではなく、肉や貝類、魚にもアクは含まれています。こうした食材の場合は、煮たり、ゆでたりという調理の途中で、表面に浮かぶ泡をすくいとります。「アクをとりながら煮ます」という表現が、この動作にあたります。こうすると、にごりのない煮汁やスープに仕上がるので、料理の見栄えも格段によくなるのです。

しかし、とればいいというものでもないのがアク。各食材のもつ個性でもあるので、あまりていねいにとりすぎて味をそこねないようにしたいものです。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡