ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
メレンゲ

混ぜるほどきめが細かく

ふんわりとしたスポンジケーキ作りは洋菓子の入門編です。でもなかなかうまく膨らまないという悩みも聞きます。カギを握るのは、その材料となる、卵白を泡立てたメレンゲの出来です。材料の特徴をきちんと押さえておくことが、何よりの近道です。

卵白は粘り気が強く、かき混ぜると泡が発生します。すると卵白に含まれるタンパク質が空気に触れて硬く変化して、泡を包む膜となります。メレンゲのふっくら感の素は、この泡です。よく混ぜるほど泡のきめが細かくなり、滑らかになるのです。

メレンゲを泡立てる途中に砂糖を加えます。これは、味付けのためだけではないのです。メレンゲはしばらく置いていると、水分が出始めて泡が消えてしまいます。でも、保水作用がある砂糖を加えることで、できた泡の膜が支えられ、消えにくくなるのです。

ただ、困ったことに、砂糖には卵白の泡を立ちにくくさせる働きもあります。ですから、砂糖は数回に分け、ある程度泡ができるごとに少しずつ加えていくのがこつです。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡