ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
温泉卵

わずかな温度差で

だしをかけてつるりと食べる温泉卵はおいしいですね。黄身は半熟状になっているけれど、白身は柔らかいままです。殻のままゆでるという点ではゆで卵と同じですが、どうして白身だけが固まらないのでしょう。それは、黄身と白身の固まる温度差が影響しています。

黄身は65℃で固まり始め、高温になるにつれ、粘りのあるのり状だったものが、ほぐれやすくなります。一方、白身は65〜70℃では半透明のゼリー状。これが75℃から固まり始めます。つまり、黄身はほどよく固まるが、白身が固まらない65〜70℃の湯に20分ほど卵をつけておいたのが、温泉卵なのです。

では、沸騰させるゆで卵はどうなるのでしょう。高温なので、外側にある白身から固まっていきます。ただ、煮立った湯に直接入れると急激な温度変化で、殻が割れてしまうので水からゆでましょう。

人間はストレスを感じると、タンパク質をたくさん消費します。ストレスがたまりそうになったら、タンパク質が豊富な卵でタフな精神にしておきましょう。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡