月刊ペターホーム

2018年10月号をもって休刊となりました

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692058/b/list/(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2016年6月号

立ち読みする バックナンバー

料理特集:元気な体をつくる食事

健康情報があふれる昨今ですが、健康な体をつくるため何よりも大切なのは、毎日の食事から必要な栄養をしっかりとること。生きていく上で大切な栄養のことをきちんとおさらいし、ふだんの食事を例に、“元気な体をつくる食事”を考えます。毎日おいしく食べながら、いきいき元気に暮らしましょう。

グリル焼きで脂肪分を落とした「チキンの野菜たっぷりソース」。ダイエットにも基本の栄養は欠かせません。
低カロリーでも食べごたえのある「あじのムニエル カレー風味」。生活習慣病を意識した一品。
「ねばねば野菜の肉巻き」。スポーツをするときは、たんぱく質やエネルギーを補給します。

旬の野菜で毎日おかず:オクラ・とうもろこし・きゅうり

旬の野菜で、季節を味わうおかずレシピ。毎日使える主菜から副菜まで、盛りだくさん。

ねばねば食材を合わせた「オクラとまぐろのねばとろ丼」は、緑・赤・白で彩り鮮やかに。
「濃厚コーンポタージュ」は、牛乳を使わずに、いもと野菜を凝縮。とうもろこしのやさしい甘味を味わって。
「きゅうりととり肉のエスニック炒め」は、エスニックな味つけが好相性なきゅうりを、たっぷり食べられます。

みんなで食べよう:瓦そば

家族と、友人と、みんなで作って食べるレシピを、毎月ご紹介。わいわい食卓を囲めば、おいしさや笑顔は何倍にもふくらみます。みんな一緒に、おいしく、楽しく!

焼いた瓦でそばを焼く「瓦そば」は、山口県下関市の郷土料理。パリっと焼けたそばを甘めのつゆで味わう本場の味を、ホットプレートで手軽に楽しみます。

今日のごはん:麻婆なす

料理好き、料理勉強中の仲よし2人組が、毎月、力を合わせて、おいしいおかずを作ります。定番料理を、2人の会話形式で楽しく学びましょう。調理の過程ごとに、おいしく作るポイントを写真つきで解説します。

麻婆なす作りに挑戦する2人。なすはやわらかく、肉あんはとろっとなめらかにできたら大成功。季節のなすがたっぷりですよ。辛味をおさえめにする作り方もご紹介。

特集記事:ジメジメ季節を快適に

湿度や気温が上がる梅雨の時期は、家事の悩みがつきません。部屋干しの洗濯物やカビ、食中毒の対策に、毎年頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。今回は、日々の生活の中ですぐにとり入れられる対策を、専門家に聞いて解説します。プロの知恵で、憂鬱な季節を乗りきりましょう!

なるほどキッチン:野菜の皮をむく

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

野菜の皮をどのようにむいたらよいのか迷うこともあるのでは? だいこん、かぼちゃ、トマトなどをとりあげて、むき方のコツをご紹介します。

社会人の食事マナー:ごはんと汁

友だちや職場などの仲間と食事をするとき、食べ方ひとつで人となりを察するもの。行儀の悪い食べ方は、イメージダウンにもつながります。人前でも困らない、社会人としての食事マナーを、川柳で覚えましょう。

ごはんと汁は美しくよそって、きれいな所作で食べたいもの。「おいしく食べて」「ありがとう」の気持ちが表われます。茶飯事に襟を正し、料理に向き合ってじっくり味わいましょう。

甘いモノガタリ:カスタードプリン

甘くなつかしいおやつを、人気作家、中澤日菜子さんのエッセイとともに、めしあがれ。読んで楽しく、食べておいしい、ニッコリ企画。

6月のおやつのレシピは、卵と牛乳で素朴に作る「カスタードプリン」。缶詰のフルーツを飾れば、なつかしい昭和のおやつに。
エッセイは「プリンよ、立ち上がれ」。だれもが一度は夢見た(?)あのプリンが…。

そのほか、注目のコーナーは...

●あと一品食堂 ちょい漬け「うずら卵のめんつゆ漬け」「新ごぼうの味噌漬け」など
●休日ブランチ クイックブレッドで焼きたてブランチ
●家しごと スニーカーをきれいに洗う
●ベターホーム研究所 きんぴらごぼう

ページの先頭へ