月刊ペターホーム

2018年10月号をもって休刊となりました

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692058/b/list/(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2013年9月号

立ち読みする バックナンバー

料理特集:ハンバーグを極める!

みんなが大好きなハンバーグ! 定番のおかずだからこそ、ひと工夫してみませんか?「洋食屋さんの味わいをおうちでも」「ふんわりした食感を出したい」「いろいろな味にトライしたい」…。今回はそんな声にお応えすべく、ハンバーグのあれこれをご紹介します。きっと「今日のハンバーグ、ひと味違う!」と、うれしい驚きを感じてもらえるはず!

薄切り肉をきざんで作る、本格的なハンバーグと、ふんわりハンバーグの作り方を写真つきで解説。
北欧ではハンバーグといえば、ミートボールが定番。コクがあるミルクスープにからめて食べます。
余った肉だねで作るハンバーガー。たねを焼いて冷凍しておけば、パンと好みの具と合わせてすぐに完成。

おかずのタネ:しょうゆきのこ

アレンジ自在、“タネ”としてさまざまなメニューに変身するおかずと、アレンジ料理を3つ紹介。

今月のタネは「しょうゆきのこ」。そのまま食べるのはもちろん、調味料代わりにいろいろ使えます。
あと一品ほしいときにほたて缶詰を使って「とうふのきのこあん」。ほっとする、やさしい味わい。
切った野菜にのせて「中華風きのこサラダ」。ピリ辛味のドレッシングで、もりもり食べられます。

野菜ごよみ:なす

夏には夏の、秋には秋のおいしい野菜をたっぷり味わいましょう。毎月、旬の野菜をとりあげ、選び方や旬と栄養、保存方法などの扱い方と、まるごと食べつくせるおすすめのレシピをご紹介します。

9月号はなす。「焼きなすと豚しゃぶのしょうがドレッシング」「なすとベーコンのペペロンチーノ」「なすの浅漬け」など、6つのレシピを。なすを丸ごと食べつくします。

ときどき・てしごと:梅ペースト

時間のある休日は、のんびりとキッチンに立ちませんか。食卓がより豊かになる手作りレシピです。プロセス写真とていねいな解説つきなので、初めてでも大丈夫。

食卓に欠かせない梅干し。種を除いて、ほんのり甘いペーストにすれば、料理のソースにしたり、手巻きずしに使ったりと、使い道がぐんと広がります。つぶれ梅や、口に合わなくて残っている梅干しでも大丈夫。おいしい梅ペーストを作りましょう。

特集記事:着る服がさっと見つかる、クローゼットの収納術

「すぐに服は増えるし、散らかるし…」と、服の収納は頭の痛い問題。きちんと収納できていないと、着ていく服がなかなか見つけられなかったり、コーディネートが決まらなかったりと、デメリットばかりです。きちんと収納できていれば、無駄な買物をすることもなくなり、お気に入りの服だけで気分よく過ごせます。収納上手はおしゃれ上手。ファッションの秋を前に、一度クローゼットを見直しませんか。

なるほどキッチン:さんまの塩焼き

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

秋の味覚、さんま。塩焼きにすることが多いと思います。「塩はいつふる?」「グリルやフライパンでの焼き方のコツは?」「きれいに食べるにはどうしたらいい?」ポイントをおさえておいしく食べましょう。

ベターホームのSWEETS CAFE:小倉クリームの生どら焼きと玄米茶

手作りお菓子と、おいしいドリンクで、おうちカフェしませんか。詳しいプロセス写真つきのレシピをご紹介。すてきなテーブルセッティングも参考になるはず。

どら焼きに欠かせないのは、しっとり、もっちりの皮。きれいな焼き色に仕上げるコツは、弱火でじっくり、目を離さずに焼くこと。シンプルにあんこだけをはさんでもおいしいですが、生クリームを使った小倉クリームなら、ちょっぴり洋菓子テイストの「生どら焼き」になります。 まだまだ暑いけれど、こよみは秋。おやつの時間には温かいお茶をいれてみましょう。

そのほか、注目のコーナーは...

●エッセイ とほほごはん/津村記久子
うちの平日おかず帖 かんたんで経済的、旬の食材を使ったおすすめおかず。
「厚揚げの肉巻き煮」「野菜もたっぷりミートソース」「さつまいものハニーバター」など
復刻版 かあさんの知恵
わたしのエプロン
ベターホームの料理教室のご近所だより 神戸教室
食品メーカーに聞く、さけるチーズのおいしい話
酒つま お酒を愛する方に贈るおつまみ3ステップレシピ。
白ワインに合う、「オイルサーディンのタパス」「かんたんチーズフォンデュ」
私がベターホームのお料理教室に入った理由
仕事を続けながら20数年の教室通い。「テキストはまるで日記」

ページの先頭へ