月刊ペターホーム

2018年10月号をもって休刊となりました

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692058/b/list/(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2013年8月号

立ち読みする バックナンバー

料理特集:パンと楽しむおいしい夏ランチ

さっとすませたい、でもしっかり栄養もとりたい夏休みの昼ごはん。そんなときには市販のパンが役立ちます。サンドイッチやパンに合うおかずなど、楽しみ広がる、おいしいランチパンを紹介します。

ベーコン、レタス、トマトの最強コンビ「B.L.Tサンド」。パンはカリッとトーストします。
コクのあるオーランディーズソースをかけて「エッグベネディクト」。ソースはレモンをきかせてさっぱりと。
パンに合うおかずも紹介。「いわしの酢漬け」をスライスしたバケッドにのせてスペインバル風に。

おかずのタネ:いかのマリネ

アレンジ自在、“タネ”としてさまざまなメニューに変身するおかずと、アレンジ料理を3つ紹介。

いかはまとめてさばいてマリネに。いかは日にちがたってもやわらかい。
色と食感の違いを楽しみたい、「いかときゅうりのさっと炒め」
マリネ液も使ってシーフードサラダの完成。「いかとたまねぎのサラダ」

野菜ごよみ:トマト

夏には夏の、秋には秋のおいしい野菜をたっぷり味わいましょう。毎月、旬の野菜をとりあげ、選び方や旬と栄養、保存方法などの扱い方と、まるごと食べつくせるおすすめのレシピをご紹介します。

8月号は「トマト」。「トマトの丸ごとリゾット」「トマトの冷やしおでん」「トマトとアボカドのカプレーゼ」など6つのレシピを紹介。トマトを丸ごと食べつくします。

ときどき・てしごと:スイートチリソース

時間のある休日は、のんびりとキッチンに立ちませんか。食卓がより豊かになる手作りレシピです。プロセス写真とていねいな解説つきなので、初めてでも大丈夫。

ほんのり甘くて、ピリっと辛味のきいたエスニック料理がおいしい夏です。生春巻きやサラダにぴったりなスイートチリソースを作ってみませんか。市販のものは量が多く、使いきれないこともありますが、手作りなら家にある材料で、使う分ずつ、手軽に作れます。

特集記事:体の「プチ不調」を食べて解消しよう

「夏バテ、疲れがとれない、口内炎など、病院に行くほどではないけれど、なんとなく調子が悪い」「我慢できるけど、ちょっとしんどい」――そんなプチ不調は、しっかり休養すると同時に、食事を工夫して解消しましょう。身近な食材を上手にとり入れ、体の内側から体調をととのえる方法をご紹介します。

なるほどキッチン:電子レンジの使い方

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

暑い時期に火を使って料理をするのはなかなか大変。電子レンジを“チン”することが増えるのではないでしょうか。加熱ムラを防ぐには? ラップをする/しないの区別は? 使い方のおさらいをして、上手に活用しましょう。

ベターホームのSWEETS CAFE:ココアクッキーとマンゴーのアイス、ジャスミンティー

手作りお菓子と、おいしいドリンクで、おうちカフェしませんか。詳しいプロセス写真つきのレシピをご紹介。すてきなテーブルセッティングも参考になるはず。

よーく冷やしたアイスは、暑い日に欠かせないおやつ。おうちで作れば、体にもやさしく、好きな味を、好きな量だけ食べられます。ココアクッキーを混ぜ込んだアイスは、みんなが好きなあの味。もうひとつは、マンゴーとクリームチーズでトロピカルな味にしてみました。

そのほか、注目のコーナーは...

●エッセイ とほほごはん/津村記久子
うちの平日おかず帖 かんたんで経済的、旬の食材を使ったおすすめおかず。
「いわしのつくね焼き」「タコライス」「ししとうの山椒味」など
復刻版 かあさんの知恵
食品メーカーに聞く、強力粉のおいしい話
酒つま お酒を愛する方に贈るおつまみ3ステップレシピ。
ビールに合う、「豚ばらのカリカリ焼き」「ヤングコーンのピリ辛炒め」
私のエプロン

ページの先頭へ