月刊ペターホーム

2018年10月号をもって休刊となりました

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692058/b/list/(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2013年7月号

立ち読みする バックナンバー

赤・白・緑のカラフルパスタ

日本人の国民食ともいえるほど、人気のあるパスタ料理。今回は、イタリア国旗になぞらえて、赤・白・緑のカラー別に、レシピをご紹介。気軽なおもてなしや、ランチにぴったりです。今日は何色のパスタにしましょうか?

「熱々の焼きナポリタン」。ナポリタンをオーブンで焼いて、表面は香ばしく。半熟卵をからめて、コクUP!
チーズとこしょうのパスタ「カーチョエペペ」。飽きのこない味わい。シンプルだからこそ、素材にこだわりたい。
自家製ジェノバソースで作る、「チキンとアスパラのジェノベーゼ」。お肉入りで、ごちそう感があります。

おかずのタネ:ラタトゥイユ

アレンジ自在、“タネ”としてさまざまなメニューに変身するおかずと、アレンジ料理を3つ紹介。

作りやすいトマト缶詰で作ります。冷やしてそのまま食べてもおいしい。
「ラタトゥイユ・カレー」。ラタトゥイユのトマト味とカレー味は相性抜群!
「あさりのトマトスープ」。あさりからよいダシが出て、いい味に。

野菜ごよみ:ズッキーニ

夏には夏の、秋には秋のおいしい野菜をたっぷり味わいましょう。毎月、旬の野菜をとりあげ、選び方や旬と栄養、保存方法などの扱い方と、まるごと食べつくせるおすすめのレシピをご紹介します。

7月号は「ズッキーニ」。「ズッキーニの肉詰め」「ズッキーニのチャンプルー」「ズッキーニのバターぽん酢」など、6つのレシピをご紹介。ズッキーニを丸ごと食べつくします。

ときどき・てしごと:ずんだあん

時間のある休日は、のんびりとキッチンに立ちませんか。食卓がより豊かになる手作りレシピです。プロセス写真とていねいな解説つきなので、初めてでも大丈夫。

ゆでた枝豆をすり鉢に入れて、すりつぶした「ずんだ」に、甘味をつけた「ずんだあん」。ひかえめな甘さで、枝豆の味わいが生きてます。新鮮な枝豆が出回る7月、新しいおいしさを試してみませんか。

特集記事:夏の冷えにご用心

夏は暑いと思っていても、エアコンの冷気や、冷たいものの食べ過ぎで、意外と体は冷えているかも?! なかなか治らない肩こりや腰痛…その冷えのせいかもしれません。エアコン対策や、冷えを防ぐストレッチ、食べ方など、暑くても無理せず冷えを防ぐ方法をご紹介。元気に夏を乗りきりましょう!

なるほどキッチン:めんをゆでる

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

そうめん、そば、うどんと、日本人はめんが大好き。つるつるっとしたのどごしに、ゆですぎは禁物! おいしく食べるには、ゆで方がポイントとなります。

ベターホームのSWEETS CAFE:スパークリングワインのゼリーとメロンとぶどうのゼリーとミント氷

手作りお菓子と、おいしいドリンクで、おうちカフェしませんか。詳しいプロセス写真つきのレシピをご紹介。すてきなテーブルセッティングも参考になるはず。

夏にうれしい、冷たいゼリー。今月は少し大人っぽい2種を紹介します。
スパークリングワインのゼリーは、ワインの風味と炭酸が刺激的。もうひとつは、メロンとぶどうをちりばめて、きれいなフルーツゼリーに。
ひんやり、ぷりんとした口あたりに、暑さもやわらぎそうです。

そのほか、注目のコーナーは...

●エッセイ とほほごはん/津村記久子「訴求なきチャイの引き金」
うちの平日おかず帖 かんたんで経済的、旬の食材を使ったおすすめおかず。
「豚しゃぶサラダ」「まぐろの洋風照り焼き」「くるみそば」など
復刻版 かあさんの知恵
食品メーカーに聞く、とうふのおいしい話
酒つま お酒を愛する方に贈るおつまみ3ステップレシピ。
泡盛に合う、「ゴーヤのフリット」「スパムのミニおにぎり」
私がベターホームのお料理教室に入った理由
ベターホームでの世代を超えた出会いから、新しい家族が生まれました

ページの先頭へ