月刊ペターホーム

2018年10月号をもって休刊となりました

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692058/b/list/(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2013年1月号

立ち読みする バックナンバー

料理特集:20分でできる、切り身魚のおかず

切り身魚は、そのまま調理できて、火も通りやすく、とても使い勝手のよい食材です。今月の料理特集は、「さけ」「白身魚」「青魚」の切り身を使った、20分でできるレシピが満載! さらに、扱いに関する素朴な疑問やワンランクアップのための料理のコツもご紹介しています。これで、どんな切り身魚も上手に使いこなせるはず。

「さけのムニエル・ハニーマスタードソース」。やさしい味のソースは、あっさりとした白身魚にもよく合います。
「白身魚のブイヤベース風」はうま味たっぷり。写真ではたいを使っていますが、たらでもおいしく作れます。
「さばのソテー・カポナータソース」。さばは塩焼きやみそ煮もおいしいですが、ときにはこんな食べ方も。

おかずのタネ:塩はくさい

アレンジ自在、“タネ”としてさまざまなメニューに変身するおかずと、アレンジ料理を3つ紹介。

【おかずのタネ】かさばりがちなはくさいも、うす塩味のタネにしておくと、料理にもそのまま使えてとても便利!
【アレンジ1】「塩はくさいとスモークサーモンのマリネ」はあえるだけでできあがり。包丁もまな板もいりません。
【アレンジ2】肉や野菜と炒めて、あんかけに。やきそばのほか、ごはんにのせて中華丼にしてもおいしいですよ。

野菜ごよみ:小松菜

冬には冬の、春には春のおいしい野菜をたっぷり味わいましょう。毎月、旬の野菜をとりあげ、選び方や旬と栄養、保存方法などの扱い方と、まるごと食べつくせるおすすめのレシピをご紹介します。

今月の野菜は「小松菜」。ほぼ1年中出回っていますが、実は冬が旬の野菜です。「小松菜のチャプチェ」「小松菜のチャーハン」「小松菜のペペロンチーノ」など、小松菜を味わいつくす6つのレシピをご紹介します。

ときどき・てしごと:めんたいこ

時間のある休日は、のんびりとキッチンに立ちませんか。食卓がより豊かになる手作りレシピです。プロセス写真とていねいな解説つきなので、初めてでも大丈夫。

身がふっくらとはじける、手作りのめんたいこ。辛味だけではない深い味わいは、ほかほかのごはんにも、酒の肴としてもぴったりです。一度にたくさん作れるから、たっぷりと味わってみてください。

特集記事:手帳活用術

新しい年の始まりに、手帳を買い替える人も多いこの時期。でも、いざ使い始めると、なんとなく予定を書くだけで終わってしまったり、1年が終わるころには使わなくなってしまったり…という人も多いのでは? 今月は、手帳を上手に使いこなすポイントを活用例をまじえてご紹介します。

なるほどキッチン:どっちを買おう?生鮮食品編

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

「男爵とメークイン」「緑豆もやしと大豆もやし」「豚ばら肉ともも肉」など、見ためはよく似ていても向く料理が違う食材があります。どちらを買おうか迷いがちな生鮮食品について、それぞれの違いを覚えましょう。

ベターホームのSWEETS CAFE:ミニウーピーパイ

手作りお菓子と、おいしいドリンクで、おうちカフェしませんか。詳しいプロセス写真つきのレシピをご紹介。すてきなテーブルセッティングも参考になるはず。

「ウーピーパイ」は、アメリカ生まれのスイーツ。しっとり、やわらかなクッキー生地で、クリームをサンドするお菓子です。今回は、バレンタインにぴったりのハート形にアレンジしました。上手にできたら、温かいココアでひと休みしましょう。ラム酒をひとさじ加えた大人の味は、寒い冬の夜にぴったりです。

そのほか、注目のコーナーは...

●エッセイ 小さいシアワセ/梯久美子 再会
●うちの平日おかず帖 かんたんで経済的、旬の食材を使ったおすすめおかず。
「豚ヒレ肉の中華風ソテー」「みそおでん」「かきのチャウダー」「ピアディーナ」など
●知っているようで知らない発酵食品のこと
●食材の履歴書 みそ
●酒つま お酒を愛する方に贈るおつまみ3ステップレシピ。
マッコリに合う、「ちくわともちのトッポギ風」「韓国のりのサラダ」
●私がベターホームのお料理教室に入った理由
仕事以外の男のつきあい。仲間がいるから続けられる。

ページの先頭へ