• 5月開講
  • おすすめ
  • 和食マスターコース expert

和食上級技術の会・春夏

5月

薫風くんぷう

  • あじの押しずし 新しょうが甘酢漬け
  • 揚げなすとえびの吉野煮
  • 赤だし

身につく技術

  • あじの三枚おろし
  • 押しずしの作り方(木枠の使い方)
  • 吉野煮の作り方
  • 魚の骨からだしをとる方法
  • 赤だしみその扱い方

脂ののったあじを、伝統的な木枠を使って関西風の押しずしに。関西ではすしといえば押しずしで、芝居見物の際やお弁当に持っていくものだったそう。木の芽や前盛りの新しょうがは、この季節ならではの食材です。※新しょうが甘酢漬けはデモンストレーション

吉野煮とは、くず粉でとろみをつけた煮物のこと。なめらかな口当たりをぜひお楽しみください。茄子紺にえびの赤とそら豆の緑を散りばめて、美しく盛りつけます。

押しずしでさばいたあじの骨からだしをとり、赤だしを作ります。赤だしみその深いコクが、うま味を一層引き立てます。

チケットで受講する

日程と空き状況 チケットTOPへ