• 5月開講
  • 1人ずつ作ります

和菓子の会・春夏

7月

  • ・夏遊び <錦玉(きんぎょく)かん>

錦玉(きんぎょく)とは、寒天を煮溶かし、砂糖で甘みをつけて固めたもの。透明感が美しく、夏の情緒を表現できる和菓子です。中に入れるものを変えたり、寒天に色をつけたりすると、様々なバリエーションが楽しめます。

夏遊びは、夏の風物詩「金魚」が水辺を泳いでいる様子を寒天の中に閉じ込めました。見るからに涼やかでかわいらしく、思わず歓声があがります。
1人で8cm×10cmの容器1つ分、4切れを作ります。

PR1
錦玉かんを1人ずつ鍋で作ります。空気が入ると、にごって透明に仕上がらないので、混ぜすぎないのがコツ。梅酒を加え、さわやかな味に仕上げます。
PR2
金魚はねりきり生地を赤く色づけ、手作りします。つぶらでかわいらしい瞳は、なんと黒ごま!
PR3
甘納豆やねりきり生地を水底の小石のように置き、水草を模した抹茶ようかんを浮かべ、金魚を入れます。まるで水槽のようで、楽しい作業です。

チケットで受講する

日程と空き状況 チケットTOPへ

ページ先頭へ