• 11月開講
  • 1人ずつ作ります

和菓子の会・秋冬

3月

  • ・いちご桜餅
  • ・関西風桜餅

春を代表する和菓子と言えば桜餅。江戸時代、向島(東京都墨田区)の長命寺で桜の葉の利用を思いたち、作られたのがはじまりとも言われています。

関東ではクレープ状の生地であんをつつみ、関西では道明寺粉を使うのがおなじみです。

今年は桜餅を手作りして、お花見にでかけませんか?

PR1
関西風桜餅の生地は、1人ずつレンジで作ります。たった2分の加熱でOK!
PR2
関西風は道明寺粉のつぶつぶとした食感と、かむほどに広がるもちもち感が特徴です。あんをつつむのもとてもかんたん。
PR3
関東風にアレンジを加えたいちご桜餅。中にもいちごを入れます。いちごの酸味がさっぱりとして、あんの甘さを引き立てます。

チケットで受講する

日程と空き状況 チケットTOPへ

ページ先頭へ