• 11月開講
  • 1人ずつ作ります

和菓子の会・秋冬

1月

  • ・浮島(うきしま)
  • ・桃山(ももやま) <松、梅>

あんが入った生地を蒸した浮島は、ふっくらとした形が、まるで湖に浮かんだ小島のよう。
甘納豆を栗にかえるなど、材料や生地の色を変えれば四季折々の浮島が作れる点も魅力です。

白あんに卵黄などを加えて、こんがりと焼きあげたものを桃山といいます。生地が口の中でほろりとくずれ、卵のやさしい風味が広がります。半日ほどおくと、しっとりとした食感に。

PR1
浮島の生地は、白あんが混ざっていてしっとり。抹茶生地の上に甘納豆を敷き詰め、ピンクの生地を流し込んで蒸します。
PR2
まさに春!という切り口。切る場所によって表情が変わるのも楽しみです。
PR3
桃山の成形に使うのは、さいばし、ゴムべら、そして指!特別な道具がいらないので、思い立ったらすぐに作れます。
PR4
桃山の中のあんには、すりおろしたゆずの皮をまぜこみます。ゆずの香りが、おいしさと華やぎプラス。

チケットで受講する

日程と空き状況 チケットTOPへ

ページ先頭へ