ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
料理のリフォームや再活用

残った料理は変化させて、飽きないようにする。ひじきの煮ものは、ひじきごはんにしたり、おからやハンバーグに加える。コールスローはマカロニサラダに。
肉じゃがが残ったら、次の日はトマトソースかジュース、バターと小麦粉を練ったものなどを加え、シチュー風に変身させる。
<元の肉じゃがはうす味のほうがよさそう。コロッケ風にしたり、卵でとじる人もいます>
きんぴらを卵焼きに入れる。パンではさむ。
かぼちゃの煮ものをつぶし、ペーストにしてパンに塗る。また牛乳を加えて スープにする。
けんちん汁、豚汁などが残ったら、翌日、牛乳を入れて ひと味変える。煮つまって味が濃くなっているので、ちょうどよい味になる。カレーも同様に。
カレーやミートソースが鍋に少し残ったとき、ごはんを入れて混ぜます。 グラタン皿に入れ、チーズ、青菜、薄切りのたまねぎなどをのせてトースターで焼けば、すぐ1人分の昼食に。鍋洗いもかんたんになります。
カレーのあとの鍋にだしを入れて、 カレーうどんにする。冬場のらくちんメニュー。
ビーフシチュー、ハッシュドビーフなどをたくさん作ったときは、おいもを除いて冷凍。ハンバーグやオムライスの ソースとして使うと、料理がぐんとグレードアップします。
料理を 枝分かれさせる。肉と野菜を煮ておき、まず半量はスープ味でポトフ。翌日は残り半量にだしとねぎ、みそなどを加え豚汁、またはトマト味のシチューか、カレーにする。
ごまどうふに黒みつ、きなこ、ごまなどをかけてデザートにする。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡