ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
スイカ

冷やして甘くする

スイカはやっぱり冷やして食べるもの。昔なら井戸につるし、今なら冷蔵庫に入れて冷やしたスイカを食べ、涼を楽しむっていいですね。今回はスイカの甘みについて考えてみます。温度と甘みには意外な関係があるのです。

スイカの甘みの主成分は「果糖」ですが、興味深い性質を持っています。温度によって甘さが変わるのです。常温では甘みが弱いアルファ型が多いのに、冷蔵庫の野菜室並みの2℃〜3℃になると、甘みが3倍も強いベータ型へと変化するからです。
 冷やしたスイカが甘く感じるのはこのため。やはり「果糖」が多いナシやイチゴにも、同じことが言えます。同じ仲間の中でも、果糖の割合が多いのがスイカだったのです。

一方、ミカンやバナナは常温で食べることが多いですね。これらの甘みの主成分は「ショ糖」で、温度によって甘みが左右されない成分なのです。

「スイカを冷やして食べるとおいしい」。先人たちは甘みの特性を経験で知っていたのですね。適温で食べることは、おいしさの基本。涼感とともに甘さも楽しみましょう。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡