ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
霜ふり

魚の皮との付き合い方

プリっとした食感のタイの刺し身。盛り付けた身をよく見ると、桜色をした皮が縮 れていることがあります。これは、熱湯をタイの皮にかけて軟らかくした「霜ふり」という作業の跡。

魚の皮に熱湯をかけると、コラーゲンという主成分がゼラチン化して軟らかくなり 、歯切れがよくなります。シチューで硬い肉を煮込むと軟らかくなるのと同じですが 、タイの皮では、その現象が一瞬で起きるのです。縮れも、このとき生じます。

熱湯は、生臭みを取り除き、さらに、皮下の脂肪を溶かし始めるため、口に入れたときにうまみを感じやすくします。でも、ゆっくりとこの作業を行っていると、身の部分にまで熱が入ってしまいます。熱湯をかけたらすぐに氷水に取り出し冷やしましょう。

一方、汁物に切り身魚を使う場合は、だしに入れる前に魚全体にお湯をかけて、身の表面を固めてしまいます。すると、溶けだしたタンパク質で汁が濁るのを防ぐことができます。魚の調理では、皮との付き合い方がとても重要なのです。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡