ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
サトイモ

かゆさとぬめりを防ぐには?

山で採れるヤマイモに対して、里で栽培したのがサトイモ。独特のつるりとした口当たりが特徴。でも、手がかゆくなったり、ぬめりで調理しにくかったりと悩みもあります。

かゆさの原因は「シュウ酸カルシウム」という物質。サトイモの表面近くに多く、その結晶が皮膚を刺激するのです。イモの表面の水分を取り除き、乾いた手で扱うなど、できるだけ皮膚にイモの液汁がかからないようにします。

次にぬめり。タンパク質と糖質とが結合した糖タンパクが正体です。ゆでると空気を包み込んだまま膨張して、ふきこぼれの原因にもなります。ぬめりを抑えるためには、イモを塩でもんでからゆでましょう。粘りの成分が固まり沈みます。ただサトイモのぬめりは滑らかな口当たりのもとにもなります。完全に取らなければと神経質になる必要はありません。

親イモに子イモができ、そこに孫イモがつくというように増えていくサトイモは、子孫繁栄の象徴となる縁起もの。お祝い事の食卓にもどうぞ。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡