ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
ぬか床

手入れ次第で長持ち

「ぬか漬け」は漬物の代表格。実際にぬか床のある家庭はめっきりと減りましたが、なかには代々受け継がれたぬか床を持ち続ける家庭もあります。

ぬか床の材料は、精米の時に出るぬか。それに塩と水を加えて作ります。手入れをしながら時々ぬかを足していけば、長く使い続けることができます。好みの野菜をつけると、ぬか床にすむ乳酸菌が酸味や風味をつくります。それが野菜に染み込んでおいしいぬか漬けとなるのです。

常温で保存する場合、夏であれば1日に2、3回は手を入れて、ぬか床の下層部分を持ち上げて、全体に空気を行き渡らせる作業が必要です。これは、空気を嫌う腐敗菌を増やさないためです。かき混ぜるのを怠って空気が少なくなると、腐敗菌はすぐに増えてしまいます。手入れ次第で、何十年も長持ちすることもあれば、ひと夏で腐ってしまうこともあるのです。

(※小さめの容器で作って冷蔵庫で保存する場合は、2〜3日に一度の手入れでも大丈夫なので忙しい方におすすめです。)

ぬか漬けにはビタミンB1が含まれ、疲労回復にいい食品と再び注目されています。こだわりの家庭の味を作ってみてはいかがでしょう。


Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡