ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室 ベターホーム トップ 料理教室 地図 ベターホーム協会 お問い合わせ
料理教室 クッキングスクール 料理教室 コース 料理教室 地図 はじめての方へ 会員の方へ
もったいない@キッチン


らっきょうを漬けた甘酢、梅酒の中の梅…。
実はいろいろな用途に使えます。
市販品のらっきょう漬けや梅酒の場合も、
同様の利用法で使いきりましょう。
@カレーのつけ合わせのサラダのドレッシングに
らっきょうとカレーの相性は、もともと抜群。
そこで、カレーにサラダを添えるときの、ドレッシングに使ってみましょう。
そのままでは酸味がきついので、サラダ油か水を加えて加減します。

Aピクルスの漬け汁に
酸味が強いので、やはり水少々で薄めてから使います。
漬ける野菜は、カリフラワー、にんじん、かぶなど何でも。
野菜をさっと熱湯でゆで、熱いうちに漬け汁に入れます。

B冷暗所で保存しておき、来年また使う
次の年に仕こむとき、漬け汁の1/3量程度なら、昨年分で補えます。
しっかり煮沸消毒してから使いましょう。
@ジャムにする
〈材料〉梅酒の梅300g、砂糖80〜90g
〈作り方〉梅は種を除きます。ホーロー製の鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れ、
ふたをしないで7〜8分煮ます。こし器でこすか、汁ごとクッキングカッターにかけます。
鍋にもどし、木べらで混ぜながら煮ます。砂糖を2回に分けて加え、トロリとするまで煮ます。
※パンに塗るほか、肉のソテーのソースにするのもおすすめ。
※酸味がたりなければ、レモン汁小さじ1〜2をたします。


Aバターケーキやマフィンに混ぜる
種を除き、あらみじんに切って、生地に加えます。
風味づけに梅酒少々を生地に混ぜてもおいしいですよ。
バックナンバー

捨てる前に、もうひと働き 捨てる前に、もうひと働き vol.2
あまった卵・卵黄・卵白の活用法 vol.1 あまった卵・卵黄・卵白の活用法 vol.2
もったいない対策 らっきょう漬け・梅酒を作ったあとに
缶詰の汁の活用術 薬味用野菜を使いきるコツ
チラシで作るごみ入れ 代用できる調味料
Copyright (C) 1999-2017 Better Home Association. All rights reserved.
ベターホームのお料理教室 パン教室 クッキングスクールのご案内
東京 渋谷池袋銀座吉祥寺町田 神奈川 横浜 千葉 埼玉 大宮
大阪 梅田難波神戸(三宮)京都(四条)名古屋(栄)札幌仙台福岡