• 11月開講
  • NEW
  • おすすめ
  • 和食マスターコース expert

和食上級技術の会・秋冬

2月

麗らか

  • えびの変わり揚げ
  • 大豆のかき揚げ
  • かぶと魚の子の炊き合わせ
  • 花野菜の黄身酢
  • しめ卵のすまし汁

身につく技術

  • 揚げ物のバリエーション(変わり揚げ)
  • 魚の子の扱い方
  • しめ卵の作り方
  • 黄身酢の作り方

衣に変化をつけた “変わり揚げ”。今回は「しんびき粉(もち米を蒸して乾燥させ、細かくひいたもの)」を使い、サクッと軽く、上品な仕上がりに。かき揚げはゆで大豆にれんこんを合わせ、異なる食感を楽しみます。

たらや鯛などの卵、魚の子は、ひと手間かけると花が咲いたような様子になります。冬においしいかぶと合わせ、うすくちしょうゆで素材をいかした味つけに。ふり柚子で香りと彩りを添えて。

溶き卵を煮立った湯に流し入れ、火が通ったら巻きすだれにとって形作る“しめ卵”。きれいな彩りを生かして、椀種によく使われます。

なめらかに仕上げた黄身酢のまろやかな酸味が野菜の味を引き立て、ひと味上の一品になります。