• 5月開講
  • 1人ずつ作ります

和菓子の会・春夏

5月

  • ・若鮎
  • ・くず流し

初夏の川魚「鮎」に見立てた夏の定番菓子です。

ふっくらとした生地でやわらかな求肥(ぎゅうひ)を包み、顔とひれを焼きつけます。
作る人によって鮎の表情が変わるのも、手作りの醍醐味。

くず流しは少しとろみのあるやさしい口当たり。ひんやり冷やして、暑い日に食べたい和スイーツです。

PR1
若鮎の生地は、卵とはちみつが入り、ふんわりしてしっとり。フライパンで驚くほどかんたんに作れます。
PR2
金串を熱して鮎に焼き目をつけます。1人3個作るので、目をパッチリさせてみたり、いろいろ変化をつけてみて!
PR3
抹茶くずは鍋で2分煮るだけ。ゆであずきの上に、抹茶くずを流しいれ、白玉だんごとあんずを飾ってできあがり。

ページ先頭へ