かんたん美味レシピ

白身魚の甘酢あんかけ

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
魚料理は手がかかりそうで、日々の食事にとり入れにくい、という人も多いのでは。今回の料理は、フライパンひとつで作れる魚のおかず。カリっと焼いた魚に、甘酢あんがとろりとからみます。ふだんのおかずのレパートリーにぜひどうぞ。
めかじきやさわらでも作れます。



材料
【2人分/1人分232kcal
・生たら…2切れ(200g)
・A[塩少々、酒小さじ1]
・かたくり粉…大さじ2
・サラダ油…小さじ3
・にんじん…30g
・たけのこ水煮…40g
・しいたけ…1個
・ピーマン…1個
・B[水200ml、砂糖大さじ2、かたくり粉大さじ1、酢大さじ2、しょうゆ大さじ11/2、しょうが汁小さじ1、とりがらスープの素小さじ1]

作り方
【1】
たらは1切れを4、5つのそぎ切りにする。Aをまぶして約5分おく。Bは合わせる。
【2】
しいたけは石づきをとり、薄切りにする。にんじんは4cm長さのせん切りに、たけのこは繊維にそって4cm長さのせん切りにする。ピーマンは縦半分に切って種を除き、縦に細く切る。
【3】
たらはペーパータオルで水気をふき、かたくり粉をまぶす。
【4】
フライパンに油小さじ2を中火で温め、たらを入れて2~3分、全面を焼く。皿に盛る。
【5】
油小さじ1をたし、にんじん、たけのこ、しいたけ、しいたけ、ピーマンを順に入れていためる。しんなりしたらBを再び混ぜて加え、混ぜながらひと煮立ちさせてとろみをつける。④にかける。

◎メモ  とろみをつける
とろみをつけるのは、かたくり粉の役目。今回は水で溶かずに直接調味液に。ムラなくとろみがつくよう、混ぜながら加熱します。

献立の例 もやしとザーサイの中華あえ、ごはん、杏仁どうふ

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2020年10月24日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP